製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

かつて「ものづくり大国」と呼ばれていた日本。 しかし現在、製造業には少子高齢化や海外への人材の流失などによる「人材不足」という大きな問題があります。そして熟練者のもつ技術の伝承がスムーズに進まないことも相まって、製造業の大きな課題となっているのです。

この記事では、製造業の未来を照らすために必要な「技術伝承」とその実現に有用な製造業DXについて考えていきます。

技術伝承とは何か

技術伝承

技術伝承とは、熟練した技術者が保有している「知識・経験・ノウハウ」を後継の技術者に継承することです。 簡単に聞こえますが、個人がもつ「技術」の伝承は思ったよりも難しいことです。これは「暗黙知」と呼ばれる、技術者個人の「経験に基づく言葉にしづらい知識」が存在することに起因します。

マニュアルや説明書を読むだけで得られる「形式知」とは違い、製造業においては「暗黙知」の部分を含めて技術を伝えていくことが各企業の大きな課題の一つです。

技術伝承の製造業DXが進まない理由

技術伝承の現状

現在、技術伝承に大きく成功している企業はそれほど多くないのが現状です。技術伝承が注目され始めたのは2000年代中盤からで、多くの企業が取り組みを行いましたが、上手くいかないケースも多く継承に失敗した技術もあります。その結果として、高齢化とともに高度な技術を持った熟練者の絶対数が減っていしましました。これにより属人化が起こり、技術伝承に割く時間が取れないことや、一人の負担が大きくなってしまうという事が問題となっているのです。

また、社会の流れの中で「働き方改革」の推進があります。業務においての勤務時間の見直しや規制などが行われ、働きやすさは向上しました。しかし一方で、技術伝承のための時間やお金をかけられなくなってしまったという事実もあります。熟練の技術者の高齢化および手薄さに加え、伝承に時間を割けないという現状が重なり、スムーズな技術伝承ができないケースが多いです。 次の項目では具体的に技術伝承の課題を見ていきます。

製造業DXが進まない技術伝承課題

課題

技術伝承を成功させるには、課題を知ることが大切です。以下の4項目は一般的な技術伝承の課題として挙げられる内容です。

  • 高度な技術を保有する人材の少なさ
  • 技術を受け取る若手、中堅社員の技量の低さ
  • 中途半端なマニュアル化
  • 会社上層部が改革に消極的

それでは、上記の課題について詳しく解説していきます。

高度な技術を保有する人材の少なさ

高齢化による「伝える側」の人材の少なさが一つ目の大きな問題です。これまで熟練の技術者のもつ技術の伝承に成功できなかった企業では、高齢化した技術者による業務の負担が大きいです。その技術がコアな技術であればあるほど、保有者は仕事に時間を割かれ、後継者に継承する時間を取れないのが現状です。

また、技術者が「暗黙知」を自覚できていないケースも非常に多く、若手・中堅社員が技術を上手く学ぶことが出来ないということもあります。このように高齢化による人材の少なさは、根本的な解決が難しい課題です。したがって、企業全体のレベルで、時間や業務の割り振り、高齢技術者の働き方について考える必要があります。

技術を受け取る若手、中堅社員の技量の低さ

技術を「受け取る側」の課題もあります。現在は、多くの企業が仕事の細分化や効率化に取り組み、個人個人の業務領域と時間が昔と比べて縮小しているケースが多いです。このこと自体が悪いことではありませんが、技術を受け取るべき若手社員の技術・知識不足やコミュニケーション能力の低下によって技術伝承が上手くいかないということがあります。

これに「伝える側」の暗黙知が相まって、非常に技術伝承が難しい状況に陥っているケースが多いです。技術伝承を成功させるには「伝える側」と「受け取る側」の意識の改善も非常に重要ということです。

中途半端なマニュアル化

技術者の「暗黙知」の解決方法として、多くの企業が技術を「形式知」に落とし込むことに取り組んでいます。しかし、このいわゆるマニュアル化に失敗し、技術伝承が上手くいかないケースが多いです。マニュアル化のメリットは当然、技術を誰でも扱えるようにかみ砕くことで、多くの人間が理解し使えるようにすることです。

しかし、本当に重要な技術というのは簡単にマニュアル化できるものではありません。経験や勘に頼る部分も多いのが製造業における技術なのです。中途半端にマニュアル化をして技術伝承に成功したつもりでも、実際には半分も伝承できていないという事が多いです。

会社上層部が改革に消極的

企業が抱える問題として、上層部などが改革に前向きでないという事もあります。技術伝承の推進の意見があったとして、上に立つ人間が以下のような考えを持っている場合があります。

  • 時間やお金を割けない
  • 現状のままでも業務に支障はない

このようなことが原因で、技術伝承が進まないケースが多いです。製造業において根幹であるべきは技術なのですが、実際に経営方針などを決める上層部は技術者出身でないケースも多く、そのような場合には会社の方針として技術伝承が難しくなってしまうのです。

技術伝承を進めるには~製造業DX~

DX化

それでは、技術伝承を進めるにはどうすればよいのでしょうか。 ここでは、技術伝承を円滑に進めていくために非常に有効な手段として注目されている「DX」の導入に関して説明していきます。製造業においてDXを導入する意義は、デジタル技術の導入によって企業の方針や考え方などを大きく変革していくことにあります。本来、企業が本当の意味で意識を変えていくには、世代交代や時代の変化など、長い時間を要する場合が多いです。

しかし、製造業DXがもたらす変革はそれらを素早く、大きく変化させる力を持っています。先ほど説明したような「技術伝承の課題」を解決していくには、製造業DXの導入を行い、業務の効率化を図ることで、人材不足の解決・時間の短縮・社員(上層部)の意識の変化などをもたらしていくことが重要です。 そしてそれこそが、変化する社会の中でスムーズかつ正確に技術伝承を行っていくことに繋がります。

製造業DXの推進に必要な事とは

重要なこと

製造業DXの成功には、プロセスを踏まえて段階的に取り組むことが重要です。 DXの推進は非常に大きな効果をもたらしますが、導入の初期段階ではどうしても足踏みしやすいというのも事実です。以下にDXの導入の基本的なプロセスをまとめてみました。

1.「現場」の理解と製造業DXのイメージ

技術伝承を進めていくために、まず企業の経営陣が現場の状況を具体的に理解する必要があります。DXを進めるには現場の意見や課題を抽出してそれらを企業全体の課題ととらえていく姿勢が重要です。その上で、製造業DXを導入してどのようなことを実現したいのかを具体的にイメージしていくことが最初のプロセスです。

2.データの収集と効率化の検討

方向性のイメージができたら、現場のデータを収集します。下記のようなデータは基本となります。

  • 伝承したい技術の情報
  • 人材の必要数
  • 継承にかかる時間

必要なデータをそろえた上で、不足分の補充やデジタル化の手法の検討を行い、効率化を目指していきます。

3.技術伝承の実行(トライ&エラー)

製造業DXの導入を行ったのちには、それらをフルに活用し若手の人材に技術伝承を行っていきます。その中で、データの不足や人材不足、時間の見積もりの甘さなどは出るものですが、そのたびに情報をアップデートしてその効果を検証し、DXを変化させていくことが重要です。

製造業DXの変革が企業の変革に直結するという意識のもと、時代の変化やニーズに合わせて変革を続けていくことが今後の製造業に必要なことです。製造業DXに大きく成功した企業は、日々移り変わる世の中への対応・順応をスムーズに行うことが出来るのです。

技術伝承の製造業DXまとめ

この記事では、製造業における技術伝承の重要さと課題、そしてそれを克服していくための製造業DXに関して説明しました。技術伝承をスムーズに行っていくことは今後の製造業の未来を占う大きな課題です。

高齢化の流れがさらに加速していく今後の社会において、技術伝承の課題を解決するには、製造業DXを上手く活用し、企業の変革・技術伝承の効率化を進めていく姿勢が必要です。

seizone-article3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.