製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

高齢化にともない、製造業の現場では人手不足が問題になっています。この問題を解決する対策として注目されているのが、製造業DXを活用し、リモート監視システムを構築することです。

リモート監視システムを導入することによって、現場人員の削減、コスト見直しに加え、業務の最適化・効率化にも大きなメリットを生みます。本記事では、製造業が今後取り組んでいくべきリモート監視システムの構築に関して説明していきます。

製造業における働き方の現状

製造業の働き方

働き方改革の実施、そして新型コロナウイルスの感染拡大によって、各企業にはこれまでとは違う仕事の在り方を考える必要性があり、この流れは今後も加速していくと思われます。オフィスワークではすでに習慣的なリモートワークの推奨、リモート会議、フレックスタイム制の導入などが進んでいます。しかしながら、製造業の現場においてはそれらの導入がなかなか進まず、逆に人手不足の問題があるケースも多いです。

製造業はその業務の性質上、オフィスワークよりも専門性や属人性が高くなる傾向があります。また、現場で製造物の監視や確認、品質チェックなどを行うことや、測定装置の運用などもあり、それに応じて現場に人員が必要となります。このため、製造業では働き方改革の推進が他のケースよりも遅れてしまうのです。しかし、働き方改革の観点からも、製造業における変革は必要な事です。どのようにすれば、これらの問題を解決できるのでしょうか。

ここでは近年注目されるようになった製造業DXの代表的な取り組みの1つである「リモート監視システム」について解説していきます。このシステムを導入することで現場の状況を大きく一変できた事例もあります。製造業DXにおけるリモート監視システムに関しての利点について知ることで、今後の製造業の働き方をイメージしていきましょう。

リモート監視で製造業DX導入

働き方改革にともない、今後は製造業の現場においても業務環境の改善を推進していくことが各企業に必要です。そのための取り組みとして注目されているのが「リモート監視システム」です。製造ラインの設備などに製造業DXを取り入れ、現場状況を遠隔で監視および運用できるシステムです。これまでの製造業では、常に人間が監視を行い、不備や異常が発生した場合には事後対応にて解決と対策を行ってきました。

リモート監視システムを導入することで、人間の現場での常時監視が不要になり、DXの導入によるデータ処理を行うことで故障等の「事前予防」が可能になります。「監視」という業務が製造業において非常に重要であることは言うまでもありません。しかしながらその一方で、その業務自体が生産性や利益に直結しづらいものでもあります。この「監視」業務をリモート化することで、現場人員の負担の軽減、人員およびコストの削減、人間の個人差による「監視」の作業ムラをなくす等といった効果があります。

また、製造業DXを活用したリモート監視システムでは、データ活用による不備・不良の事前察知を可能にします。過去のデータを取り入れることでトラブルが起こる前兆をとらえ、それが起こる前に対処ができる事により、トラブル対応自体を減らすこと、または無くすことが出来るのです。製造業では、機器の故障等の理由による非稼働時間の少なさが利益や効率に直結します。そのため、そのようなトラブルを減らすために製造業DXの「リモート監視システム」を導入する企業が増えていくことが予想されます。

製造業の働き方改革に関しては別の記事でも詳しく説明しております。

製造業にもDXを導入して働き方を改革

「リモート監視システム」で製造業DXするメリット

監視

製造業DXの中でもリモート監視システム導入は比較的取り組みがしやすく、目的と成果も明確です。リモート監視の導入では以下で述べるようなメリットがあります。

製造業DXの取り組みにて導入コストが安価で容易

リモート監視システムは、製造業DXの取り組みにおいても導入時の設備や手間が安価で容易です。そのため導入するハードルが低く、多くの企業が製造業DXの取り組みの初歩として推進しています。

業務の負担軽減と省人化

リモート監視システムの導入目的は、従業員の負担軽減、人員削減、トラブル対応の減少などです。この中でも、省人化に関する効果はすぐに表れます。高齢化や新型コロナウイルスによって、人員の削減は今後も課題になりますが、リモート監視の実施による現場人員の削減効果は大いに期待できるものでしょう。

現場の見える化および効率化

現場にいなくても、オフィスや自宅から映像を確認することが可能であり、遠方への移動によるムダ時間の削減につながります。時間の削減によって、別の業務の時間的余裕も生まれる為、業務効率化も図れます。さらに、複数の現場の確認も一人で対応可能なことも大きなメリットです。

リモート監視システムの製造業DX活用方法

監視システムの活用方法

リモート監視システムの導入に関しては大きなメリットがあるという事を解説してきました。さらに、リモート監視を行うことでどのような事が可能になるのかを知ることで、導入後の製造現場のイメージをしていきます。それでは具体的な活用方法に関して見ていきます。

作業環境の問題点の発見

現場の定点カメラの情報から得られるのは機械などの稼働状況だけではありません。現場作業員の作業風景や配置などを客観的視点から見ることで、現場の良い点や改善点も見えてきます。良い点はそのまま別のジョブに引継ぎ、改善点は修正し常に現場のアップデートをしていくことで、より良い作業環境を構築していくことが可能です。これはまさに働き方改革に直結しています。

不備・漏れのない監視

データの記録および管理も監視員の個人差や見落としなどなく、24時間体制でチェックすることが可能である為、より正確な情報を常に扱うことが出来ます。製造業の現場では進捗状況や不備がないかなどのエビデンスが非常に重要である為、その点でもリモート監視システムが非常に有効な手法であることが分かります。

遠方からの作業確認や指示出し

その現場にいない遠方の人間がリモートで作業状況を確認し、改善案を考える事や指示を出すことが可能です。一見、映像のみでは作業指示などが出しにくいのではと思われがちですが、映像のクオリティは日々向上していますし、何よりも指示を出す側の指揮者が複数の現場状況を確認できるという点が大きなポイントです。これは、これまでのような現場と人間が1対1の状況では考えられないことでしたが、「リモート監視」によって移動が不要になることで可能となります。

工場自動化(ファクトリーオートメーション)に繋がる運用

作業環境の改善やアップデートを行い、正確な稼働状況のデータを集めていくことで工場全体の在り方を大きく変えていくことができます。製造業DXを上手く活用し、最終的には製造工程全体を自動化できるようなFA(ファクトリーオートメーション)を目標とし、それを実現できるような段階に近づけていく事が重要なポイントです。

まとめ 

人手不足の問題を抱える製造業において、DXの活用としてリモート監視システムの導入をすることには、人員削減や効率化のようなメリットがあることが分かりました。また、そのようなシステムの運用は、製造業DXの利点をフルに活かした工場自動化や働き方の大きな改革につながっています。

製造業DXというとアレルギー的に難しいという反応を持つ方も多いですが、リモート監視システムの導入というテーマをきっかけに一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

seizone-article3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.