製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

製造業DXを生産管理に適用する事は、製造業において大きな目標の一つです。むしろ今後も製造業が成長し、勝ち抜いていくにはDXを上手に活用していく必要があります。近年のデジタル技術の進歩は著しく、巨大IT企業の台頭を始め、インターネットを用いたビジネスの市場が大きく変化してきました。

しかし、製造業のデジタル技術への反応は鈍く、他の業界と比べて昔からの考え方に縛られがちなことが多いです。今後はデジタル技術を使ったいわゆる製造業DX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組み、強い企業としての仕組みづくりをしていく必要があります。この記事では、生産管理とは何か、そして製造業DXをどのように用いていくのかについて詳しく解説していきます。

生産管理とは何か

SEIZONEバナー1
製造業においての生産管理とは、その企業におけるモノづくりの受注、計画から調達および製造を経て出荷・納品に至るまでの工程や仕組みを管理することを指します。製造の上流から下流までを網羅した非常に幅の広い全般業務です。製造業においてはQCDといわれる品質(Quality)、費用(Cost)、納期(Delivery)の3つの要素が非常に重要になりますが、生産管理はこのQCDを管理し最適化していくこと、とも言い換えられます。

この3要素を向上させていくことで、製品の競争力を高めて、企業として成長していくことにつながります。生産管理は領域の広い業務で、その内容がぼやけてしまいがちな言葉ですが、製造業の中核を担っているということが分かります。

生産管理の具体的な内容

需要と共有

生産管理は製造業において非常に重要であることを述べましたが、この項目では具体的な業務を分類して解説していきます。

需要、供給バランスの調整

製造業において、作る製品にどれ程の需要があり、どれくらいの個数(または量)を製造すればよいのかを検討することは非常に重要です。もし、需要に供給が追い付かなければ利益は少なくなってしましますし、逆の場合には製品が余り多くの在庫を抱えてしまう事にもつながります。

そのような状況を作らずに、最適な生産数を予測することは難しいことですが、生産管理の上流において非常に重要な業務です。

生産計画を立てる

製造業の中心と言っても過言ではないのが生産計画です。製造に必要な材料や資材、部品などの量や個数の決定から、製造ラインの確立方法、経費や人件費の試算、そして製造期間や納期に至るまで、生産の全体の計画を立てます。

計画は、実際の運用や見積もりに際して都度変更や更新を行うことがありますが、納期などの変更できない内容もあり、全体を予定通りに進めるには非常に綿密な計画と運用が必要になります。

調達する

生産計画で決定した材料/部品の必要数を予算内で購入します。調達は企業にとって出費に当たる部分ですので、製品の売り上げや業績に直結する部分です。なので、購入先の吟味や品質の確認などを行い、品質のよいものを低価格で購入できるように努力します。

製造管理を行う

SEIZONEバナー2
実際に製品の製造を行う工程で、生産の工程に沿って納期に間に合うように進めていきます。実際に製造を行う現場の統制や管理に加え、調達品の納期遅れや、現場のトラブルなどの状況変化に対応して対策を行いながら進めていきます。

製造の上流から下流を幅広く管理する視点と対応力が必要な業務になります。調達などで生じた遅れを取り戻す工程でもあり、常に変化が起こる部分です。

品質管理・品質保証

品質管理は製造前、途中、後において、材料や部品、制作段階の製品および完成品の品質が基準通りであるかを確認します。いくら工程や納期を守っても、品質が悪ければQCDは低くなってしまいます。ですので、製作者以外に製品の状態を確認する第三の目が必要となり、それが品質管理の役目です。

その中で品質保証は、製造した製品の状態を確認し目的の動作をするか、性能基準を満たしているか、設計通りの製品であるかを確認する工程です。顧客に納品するまでの最後の工程であり、製造業において「最後の砦」とも言われます。また、納品後の顧客との対応も行い、その結果を上流の設計や製造にフィードバックしていくことも重要な業務になります。

在庫管理

在庫管理とは、企業が保有している在庫の数量・管理場所を把握し管理および維持することです。在庫の量を確実に把握することは、製造数量のコントロールや製造ペースの管理にも影響する側面があり、非常に重要です。

また、在庫は多すぎる場合には維持費がかかることや、不良在庫が生まれることがあり、逆に在庫が少ない場合には売り上げ低下につながります。適切な在庫管理体制を整えることは、製造業の命題であり、同時に難しいことでもあります。

在庫管理に関して具体的な内容はこちらの記事で紹介しております。

製造業DXによる在庫管理の見える化

効率化のため製造業DXの生産管理システム導入

データの分析

生産管理の業務が幅広く製造業全般にわたり、QCDを高いレベル行っていくためには非常に重要であることが分かったかと思います。では、どのようにすれば生産管理を効率化できるのか考えていきます。今後の社会はデジタル技術の進化によってこれまでよりも変化のペースが速く、製造業もその中で対応をする必要があります。そこで製造業DXを導入することで業務の効率化を図っていくことが重要になります。

製造業DXの生産管理システム導入では、「データのデジタル化」、「見える化」、「情報の共有」がカギとなります。この3つはつながっており、データのデジタル化により、いつでもだれでも情報が見える状態となり、共有が迅速かつ正確になります。

つまり、製造業DXとして生産管理システムを導入することで、生産管理の上流から下流までの業務に一貫性と協調性が生まれます。具体的な効果の例を以下に示します。

  • 需要と供給の調整を行ったデータは即時に調達や生産計画と共有され、同じ情報をリアルタイムで共有できることによって業務のスピードが向上し、正確性も上がります。
  • 生産計画の変更や、調達の情報などは下流の製造工程に即座に共有され、製造管理においてもラインの稼働率や製造スピードの調整が即時に可能です。
  • 製造段階においても品質の確認や修正がリアルタイムで可能になり、対応が必要な際のリアクションが素早くなります。
  • 品質保証による顧客からのフィードバックは即時に上流工程にアップデートされ、製品の改善速度も向上します。
  • 在庫の正確な情報を常に得ることができ、需要・供給バランスの調整から調達および製造ラインの調整まで即座に対応できます。製品ごとの在庫状況などをデータ化することで、需要の傾向なども判断しやすくなり、計画立案が正確かつ速やかに行えます。

上記で紹介したように、これまで上流から下流までの工程で分類されていた業務の一貫性が生まれることで、様々な状況に対するリアクション速度が格段に上昇することが分かります。情報伝達による共有や、業務ごとの指示出しなどが「自動化」されることによって、圧倒的な効率化を実現できるのが製造業DXの生産管理システムです。

すでに生産管理システムの導入で生産工程全体が大きく変化したという成功例も多いです。デジタル化というと複雑に聞こえるかもしれませんが、システム化してしまえばむしろ面倒な書類処理や情報伝達が不要となり、面倒なことから解消され生産管理に従事できます。

製造業DXを生産管理システムから導入していくまとめ

製造業においてDXを推進していくことは、今後非常に重要になってきます。本記事で紹介したように、生産管理システムを導入することで、製造業の業務の大きな効率化図ることができQCDの向上につなげることが出来ます。ぜひ、製造業DXを生産管理システムから導入していくことを検討し、実現してみてください。

seizone-article3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.