製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

製造業において、良い製品を世に送り出すことと同様に重要な事として、「工程管理」が挙げられます。工程管理を正確に行うことは製造業には必須ですが、近年ではDXへの取り組みの1つとして、「工程管理システム」の導入を行う企業が増えてきました。

本記事では、製造業DXの工程管理システムの内容と、導入することによる企業へのメリットを解説していきます。

製造業の工程管理とは何か

工程管理

「工程管理」とは、製造業において製品の製造過程における「コスト、納期、製造方法・手順、品質の担保」を管理することです。 混同されやすい用語として「生産管理」がありますが、こちらは製造業における受注から納品までの幅広い領域に使われます。要するに、「工程管理」は「生産管理」の中に含まれると言えます。

しかし、「工程管理」の重要性が非常に大きいボリュームを占めているという事は間違いありません。製造業においては、ちょっとした作業手順の工夫が大きな利益につながることもあれば、少しの納期遅れや品質の確認漏れが企業の信頼損失につながることがあるからです。すなわち、「工程管理」は製造業の営みの中で最も重要な要素と言っても過言ではないのです。

製造業において、工程管理は「PDCAサイクル」の循環によって行われていきます。PDCAサイクルとは以下の4つの頭文字からなっています。

  • Plan(計画)
  • Do(実行)
  • Check(評価)
  • Action(改善)

工程管理はまず、生産・製造工程の計画から始まります。この計画の段階で、あらゆるリスクや課題点等を洗い出すことが重要です。

次に計画に基づいて生産・製造を実施します。この段階ではできるだけ当初の計画に狂いがないように進めていくことが必要です。

実行したら必ず評価を行います。計画通りに進行できた部分と、計画から外れてしまった部分を洗い出します。計画通りに進まなかった部分を評価する際のポイントとしては、それが外的要因によるものなのか、内的要因によるものなのか、回避可能なのか回避不能なのか、という点です。計画及び実行結果の評価は工程管理の精度を上げていく為に最も重要な部分と言えます。

評価にて改善点を洗い出し、次の計画に活かしましょう。ここでのポイントは、すぐに軌道修正できない箇所に対しての対応です。すぐに解決できる点は実はそれほど大きな問題ではなく、解決が難しい点の改善を検討していくことで工程管理の質が高まると言えます。

工程管理の目的

pdca

工程管理の目的は、製造過程における「コスト、納期、製造方法・手順、品質の担保」を管理し、最終的には利益につなげることです。

企業の存在目的は、需要に応じて製品を生産および販売し、利益を出していくことです。工程管理の目的も当然、利益の最大化を目指しています。納期の厳守や、人員の選定、製造方法の改善などは全て過程であり、その先にあるものが企業の信頼や実績として積み重なり、利益へとつながっていきます。

すなわち、工程管理を正しく効率的に行うことは製造業においては根幹を担う重要な業務であると言えるのです。

製造業における工程管理の現状

仕事に追われる人

近年、多くの製造業においては、製品の複雑化や工場の自動化が進んでいます。また時代の変化速度に合わせて、製品の移り変わりが加速している業界も多いです。そのような中で、多くの企業の工程管理が複雑化しており、これまで以上に綿密な計画と実行が求められています。

しかし実態は、多くの企業が工程管理にただ追われる状態になっており、利益を追求できる段階にたどり着いていない状況です。

製造業の現場においても、製品・技術の高度化に合わせて工程管理の方法を対応させていく必要があります。

そこで以下では、それらに対応していく為の工程管理システムについて述べていきます。

製造業DXの工程管理システムとは

工程管理システム

工程管理システムとは、製造業における工程管理業務の効率化を図る為のシステムで、製造業DXへの取り組みの1つとして注目されています。工程管理システムを上手く活用することで、正確な工程管理を行うことに加え、よりよい管理体制を導き出していくことが可能となります。このようなシステムが着目されるようになった背景には、技術の高度化に伴う製造工程の複雑化や、情報量の増大などがあります。

工程管理システムの導入と運用に際しては、データの活用が必須で、製造工程に関わる多くのデータをシステムにインプットすることがスタートラインとなります。

工程管理システムで扱うデータは、以下のようなものを指します。

  • 納期
  • 材料や部品の数量
  • 人員の業務時間や配置
  • 組立や加工などの個別工程にかかる時間
  • 過去のリードタイム記録
  • 機器や装置の状態の情報

上記は一例ですが、これらのようなデータを蓄積し、分析することで工程管理システムを運用していきます。そして、運用と分析を繰り返すことで、より強固なシステムを構築していくことができます。

工程管理システム導入のメリット

メリット

製造業において、工程管理システムには具体的にどのようなメリットがあるのかを解説していきます。

現場の見える化

製造工程における多くの情報をデータ化することによって、すべての従業員が必要な情報を必要な時に、どこからでも確認ができるようになる、いわゆる「見える化」が実現します。

見える化によって情報伝達および共有のスピードが格段に上がり、これまでは書面などで行っていた異なる部署間のやり取りや、上層部から現場への伝達が瞬時に完了します。

このような時間の短縮に加え、情報伝達の際の中継が無くなることで、正確な情報を得ることが出来るようになります。

製造工程の効率化

工程管理システムに蓄積されたデータを分析することによって、無駄な作業や時間を発見することができます。それらの改善を行う事で、効率化を図れます。

また、情報管理がデジタル化することによって、これまで書面で行っていた作業を自動化していくことも可能になります。

業務精度の改善および向上

工程管理システムによって情報の整理や伝達がスムーズになり、納期遅れや工程上の確認漏れ、ミスなどを減らしていくことができます。

工程全体の管理がシステム上で行われることで、どのような事が起きたら納期に影響が起きるのか、確認漏れによるミスが頻出する箇所はどこなのか、などの情報を整理しやすくなり、即時に対応すべき箇所が明確になります。そのプロセスを繰り返すことが、業務の改善と向上につながるのです。

工程管理システムの導入の方法

方法

製造業DXの工程管理システムは一般にスケジューラなどと呼ばれ、製造の「計画・実行・評価・改善」のいわゆるPDCAサイクルを基本として工程をオートマチックに管理するシステムです。

それではシステムの導入の手順を順に解説していきます。

1.システムの導入後と現状とのギャップを洗い出す

工程管理システムの導入に際しては、実装後にどのような事を実現したいのかというビジョンがあるはずです。そこで、現状の設備において必要な機能や機器を自社工場が備えているかを確認する作業が必須です。

例えば、監視用のカメラは足りているか、必要な計測器が備えついているか、などです。導入するシステムと現状にギャップがある際には、あらかじめ準備が必要になります。

2.システムの導入と並行稼働

工程管理システムを導入したら、いきなり全システムを切り替えるのではなく、現状の設備やシステムとの並行稼働を行います。新たなシステムの導入に際しては現状との変更点や改善ポイントをあらかじめリスト化し、厳密に比較を行うことが重要です。

実際に、予定通りにはいかないケースや、理想とは違う運用になってしまうケースもあるので、完全にシステムを移行する前の並行稼働は十分に注意して行いましょう。

3.運用のシミュレーションと水平展開

導入する工程管理システムの有用性が確認出来たら、実データを用いて運用が可能かどうかのシミュレーションを行います。この段階でもPDCAサイクルを回しながら最適な運用を目指していきます。

最終的な方針が決まったら、いよいよ工程管理システムの本格運用に向けて、企業全体に水平展開を行います。社内でのシステム導入の認識を統一することで、システムを最大限有効に活用していくことができます。

まとめ ~製造業DXと工程管理システム~

製造業DXへの取り組みとして工程管理システムを導入することで、「見える化」が実現でき、業務の効率化や業務レベルの向上につながることを解説しました。本記事で紹介したメリットや導入手順を参考に、ぜひ工程管理システムの導入を検討してみてください。

seizone-article3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.