製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

現在、日本のみならず世界中の製造業でIT化が進んでいて「デジタルトランスフォーメーション」(DX)が浸透しています。この「デジタルトランスフォーメーション」についてはこちらの引用文をご覧ください。


デジタルトランスフォーメーション
(英: Digital transformation**, DX**)とは、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という仮説である。 引用:Wikipedia-デジタルトランスフォーメーション

日本では製造業のDXと呼ばれる「スマートファクトリー」を実施して成功している企業が多いです。今回はこの「スマートファクトリー」の概要について解説していきます。

製造業のDXと呼ばれるスマートファクトリーとは

SEIZONEバナー1
スマートファクトリーとは主にデジタル技術の進歩、活躍によって生産・品質性改善だけでなく、設計から製造、保守までのビジネス全体で「DX」を行った工場の事を指します。基本的には工場の最適化を目指す取り組みですが、今では企業全体の取り組みとして広がっています。

製造業の課題として「人員不足」「IT化に躊躇している」「古くからある設備を替える事が出来ない」ど様々な問題があります。それらの問題に対してスマート化を進める事が大事であり、今後の日本の製造業の大きな課題と言えます。別の記事で「製造業DX」についても分かりやすく解説しています。

製造業DXとは?わかりやすく解説

製造業のDX スマートファクトリーの主な特徴

Digital Transformation
漠然とスマートファクトリーと聞いてもパッと思い浮かばないかもしれませんが、簡単に解説しますと「現状の問題点を改善し、効率良く仕事が出来る為の取り組み」と考えると理解しやすいと思います。それぞれ特徴について解説します。

コスト削減

スマートファクトリーを行う事で、最適な条件で設備が使用可能となり、少ない人員で効率良く作業が出来るようになる為、コスト削減となります。従来作業者が行っていた作業をAIを活用し自動化出来るようになると、人員削減に繋がります。

私たちが目にするものと言えば、自動レジやペッパー君のような本来人間がやるような仕事をAIが代わりに行う事です。

生産性の向上

今までのように作業者が作業を行う場合でも、設備を目視ではなくデータで監視出来るようになる事でトラブルを未然に防ぐ事が出来ます。

データの「見える化」というのは、今まで気づかなかったような作業の無駄に気づく事が出来るため、結果生産性の向上となります。その上で何が必要か不必要かを再認識する事により経費のコスト削減にも繋がります。

人員不足・技術の継承

SEIZONEバナー2
製造業において大きな課題となる「人員不足」ですが、熟練した作業者の作業をAIによって分析し、データとして残します。その秀逸な技術をマニュアル化しておけば自社の新人教育に役立ち、AIの自動化に利用する事により、しっかり技術が継承されます。

慣れた作業者しか出来ないような作業を今後は共有していく考えです。高齢の熟練作業者が退職した場合でもスムーズに業務の引継ぎが行えます。

DX導入して「人材不足の解消」に関しては別記事で紹介しております。

製造業にもDXを導入して働き方を改革

品質の向上

製造業では「不良品」は永遠の課題だと思います。そのような「不良品」が出来る原因を作業者か設備かを作業している状況を監視し未然に原因究明し、対策を講じる事が出来ます。

このような対策を講じる事でリスク回避にも繋がり、品質の向上と客先とのトラブルを未然に防ぎます。

事前に改善箇所を把握

製造の現場をデータ化しデジタルの空間にコピーすることができれば、デジタル空間上で現実で起きると予測される変化・異変をシミュレーションし事前に把握する事が可能です。

これにより、最適な設備の状態、適正な人員の確保が確認出来るので、結果経費削減、生産性の向上にも繋がっていきます。

スマートファクトリーの問題点

製造業DX人材

メリットが多いスマートファクトリーですが、多くの課題もあります。

ITに強い人材の確保

実際にデータの分析をするにあたって、AIや最先端のIT技術を導入する前に、どのようなデータを収集するかどのように活用していくか考えていく必要があります。

実際にデータを収集して分析する事は非常にハードルが高く専門のITに強い人材を確保する必要があります。しかし、このITに強い人材は慢性的に不足している状況です。人材確保の為に先に行動を起こす事も大事だという事です。

セキュリティに投資

スマートファクトリーでは従来のデータより莫大な量のデータを取り扱う為、セキュリティには特に注意していきたいです。普段使用しているようなセキュリティよりも強力なセキュリティにする必要があり、そこには惜しげもなく投資する必要が出てきます。

スマートファクトリーを始めるにあたって

実際にスマートファクトリーを始めていきたい企業は数多く存在すると思います。どんな部分に注視して行動すれば良いか解説します。

目標や目的を明確にする

自分の会社で問題視している課題に対して「スマート化」できる内容と対象範囲などを会社全体で検討するとともに、コストや投資効果も考えていきます。

闇雲に決めるのではなく、会社内で全員で意見を出し合いながら、共通の認識を持った状態で、トップ主体となりスマートファクトリーを進めていくことが重要です。

データの取集・分析を行う

最初に決めた目標・目的を達成する為に、必要なデータを実際に集めます。その後実際にIT技術を取り入れて分析してみます。その中で何が最適で何が問題かを見極めてまとめていきます。

まとめていく事で今まで気づかなった部分にもスポットが当たり新たな発見を見つける事が出来るかもしれません。この工程を繰り返す事で、工程の最適化を進めていく事が可能です。

実際に運用する

分析を行い最適化を進めた状態で実際に運用します。スマートファクトリー化に向けたシステム導入を行った後は、効果をしっかり分析し評価することが重要です。実際に行ってみてどのような効果が得られたかを会社内で意見を共有することが非常に大切で、新しい運用を今後から定着化させることが出来ます。

スマートファクトリー化を実施する際は最初から一気に進めるのではなく、少しずつ段階的に分析を行い、効果を毎回共有しながら手ごたえを感じる事が大切です。運用方法の見直し・改善を図ることで品質・生産性の向上や様々な利点があると言えます。

製造業のDXと呼ばれるスマートファクトリーのまとめ

スマートファクトリーという言葉自体聞いた事がない人でも分かりやすく解説しました。製造業のDXは中小企業から大企業まで、これからは避けてはいけない事となっていきます。

今後はAIなどの最先端技術を活用した、スマートファクトリー化を進めることが競合と差をつける大きなポイントとなります。スマートファクトリーはデータ収集や分析の難易度が高く、セキュリティなど実際に難しい部分もありますが、品質の向上、人手不足、コスト削減など多くのメリットがあります。

現状、国内外の企業がAIなどを活用した活動を進めており、以前と比較しても急速に変わる環境に対応するためには、今後製造業はDXを進めなければいけない状況へと変化していくでしょう。これからは今までと同じでは通用しなくなっていくことが予測されるので、早い段階で導入を考えてみてはいかがでしょうか。

seizone-article3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.