製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

テレビなどでよくSDGs(Sustainable Development Goals)という言葉を聞いた事があるでしょうか。今では積極的に活動に取り組んでいる企業も多く、日本のみならず世界で注目されています。

このSDGsは製造業にも密接な関わりがあるとされています。製造業で何故必要なのか、その重要性について解説していきます。

SDGsとは

SEIZONEバナー1
2015年9月の国連サミットにおいて、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中で掲げられた「持続可能で多様性と包摂性のある社会を実現するための17つの開発目標」の事を指します。

人類と地球環境を守る事で、平和を促進し教育や気候変動等のあらゆる分野で2030年までに変革することを目的としています。

17項目を説明すると、下記の項目となります。

  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられるまちづくり
  12. つくる責任・つかう責任
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさも守ろう
  16. 平和と公正をすべての人に
  17. パートナーシップで目標を達成しよう

もう少し具体的な指標もありますが、要は今まで何不自由なくしていた物は全て有限のものであり、今後も同じような生活を続けると様々な弊害が生まれます。

高度経済成長を皮切りに生活はどんどん豊かになってきました。それに伴い、失っていくものもあると言う事です。その状況に待ったをかけたのが、今回のSDGsであり、全人類が共通の認識で意識していく必要があります。

製造業DXとの関連性

製造業 環境

製造業には一件関係ないように思えますが、非常に深く関わっています。製造業では主に食品や医薬品の生活必需品、スマートフォンなどの電子機器を製造し今現在の豊かな生活を支えています。

このように私達の生活には絶対欠かせない必要不可欠なこの製造業ですが、これらの生産工程においては、非常に多くの資源やエネルギーを消費しています。それ故に、特に環境への負担が重いと言えます。

その為、SDGsの掲げるほとんどの目標は、製造業と関連性が高いと言えます。現在、主に消費者は製造過程で大気や河川などの環境を汚染していないか、製造されたものは人体に悪影響がないか、などSDGsの観点から評価される機会も増加しているのです。17項目のうち、特に製造業を関わりが深いものについて解説します。

働きがいも経済成長も

今製造業では残業する企業が多く、長時間労働や過酷な環境での労働が問題視されています。必ずしもそのような環境で作業しなければならないのかを見直す必要があります。日本以外の国では有給取得、育児休暇、定時退社が当たり前になっており、その分家族との時間に費やす事が普通となっています。

これらの労働環境の見直しは永遠の課題ではあるものの、充実した生活が送れるようになればその分作業者の働きがいにも繋がります。労働環境が改善されれば、おのずと新たな雇用の確保や安全な製造工程にも影響し、今以上に生産効率を上げる事が可能です。それは経済成長の向上にもなり、お互いにとってメリットしかありません。

産業と技術革新の基盤をつくろう

SEIZONEバナー3
製品を作っている今の工程は全て正しいと思っていますか。昔の基準のままでは、エネルギー効率が悪く今後更に生産効率は低下していくでしょう。常に世界の技術は進歩しており、その進歩に対応していく事が大切です。いつまでも同じやり方では世界に遅れをとってしまいます。これには技術革新、つまり「イノベーション」が重要になってきます。

その中でもSDGsに貢献していくイノベーションとは、環境に配慮した資材の使用やそれに特化した製品の開発が挙げられます。比較的有名で大きく貢献した例として「電気自動車」が挙げられます。日本政府が温室効果ガスの排出量を2050年に実質ゼロにする目標を掲げる方針への調整を発表されましたが、この電気自動車は走行中に二酸化炭素を排出しないので、環境に良いとされています。

自社だけで検討しても中々良い考えがまとまらないと思いますが、他の企業との協力しひとつのプロジェクトを進めていくことも大切です。共に意見を出し合い、競い合う事で新たなイノベーションに繋がり、更なる製造業の躍進に繋がっていきます。

つくる責任・つかう責任

製造業は主に「つくる責任」だと思われがちですが、実は「つかう責任」にも密接に関わってきます。電気やガス等のエネルギーや様々な資源を大量に消費して生産活動を行うためこの項目は両方が当てはまります。この問題には、資源の再利用が活用されます。普段は使用後捨てるような資源を何とか再利用する手段を構築する事により、無駄な資源を使わず環境に優しい製造ラインを構築する事が求めらています。

勘違いして欲しくない部分として、再利用する為に更に無駄な資源を使用してしまう点です。例えば金属などの廃材を捨てるのではなく燃やして再利用しようとする場合、燃やすのに更に資源を使用する事になります。ここで重要な事は燃やすのではなく、それ以外の方法で廃材を再利用するという事です。

また、大量の廃材が出てしまわないような製造ラインの確立も重要です。従来の製造ラインを見直して無駄を省けるか、またはIT技術を活用して適格に必要な資源だけ算出して製造を行う事など自社以外の意見も取り込みながら考えていく事が大切です。

製造業がSDGを推奨するメリット

SDGs

一件余計な手間が増えて仕事量が増えると思いますが、決してそのような事はなく、むしろ作業量改善に繋がります。人員不足問題、コスト削減などの他にどのようなメリットがあるかみていきましょう。

顧客満足度の向上

このような取り組みに積極的な企業は自ずと印象が良くなっていきます。普段から取引のある顧客からするとある程度このような取り組みを推奨している企業の製品は安心して使用出来ると、ますます信頼性が上がります。

逆にあまりこのような環境問題に無頓着な企業の場合、やはり顧客からの信頼は薄れていきます。それどころか客離れを起こし、自社の存続にも繋がります。今後を見据えて少しでも環境改善アピールする事が、大事となっていきます。

新たな顧客の獲得

普段からお世話になっている顧客を通じ、新たな顧客獲得にも繋がります。今まで利用していた企業は、過酷な労働の末製品を作っていたのに対し、新しい企業では常に新しい事を取り組む姿勢があり、環境問題にも考慮していると話題に挙がれば、こちらに傾く可能性も十分にあります。それ以外にも、インターネットや口コミなどで噂が広まり、更なる顧客獲得に繋がっていくことも可能です。

株価の上昇

こちらはすぐに成果が表れるものではありませんが、これらの取り組みを続ける事によって、世間での評価があがり、株価上昇に繋がります。実際、投資家の間では、このような取り組みから実際に効果が出るまでにはある程度の期間が必要であることを理解しています。

その上で環境問題に前向きな企業の姿勢に共感し、それに対して投資を行う事が多く、将来を期待されていると言えます。目に見えるものではありませんが、少しずつの努力は必ず実を結ぶと言えます。

このような問題は以前から問題視される事が良くありましたが、今世界中で率先して進められているので、近い将来大きく環境が変わる可能性もあります。しかし、まだまだ改善の余地はあるので今後の製造業の動向には注目していきたいです。

seizone-article3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.