製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

今、製造業では顧客のニーズに応えつつコストを抑える為の大量生産が求められています。このような取り組みを「マスカスタマイゼーション」と呼びます。

製造業でこの取り組みが広がりをみせています。聞いた事がない言葉かもしれませんが、このマスカスタマイゼーションの解説とどのように実現していけば良いか解説していきます。

製造業DXでよく聞くマスカスタマイゼーションとは

SEIZONEバナー1
マスカスタマイゼーションは、「マス・プロダクション(大量生産)」と「カスタマイゼーション(個別設計・生産)」を掛け合わせた言葉で、1990年代初頭には提唱されていました。具体的な例ですと、パソコンを制作する過程で、ハードディスクやメモリの容量その他のスペックなど、消費者側が自由に選択する事で、本来制作済みの製品を購入するのでなく、希望に応じて受注してから生産に取り掛かります。

そうすると、無駄な在庫リスクを低減する事に繋がり、結果大量生産する事も可能となっていきます。このように、大量生産出来る製造ラインを確保しつつ、顧客ごとの要求に対応する事で質の高い製品や満足度を向上させるサービスを提供する取り組みをマスカスタマイゼーションと呼びます。

この考えの中心にはモノを提供するだけでは顧客獲得が難しくなる事が大きな要因と言えます。顧客満足度を下げないで、その状態で従来通りの大量生産をする事が今の製造業で求められている取り組みです。

マスカスタマイゼーションには、どのようなメリットがあるか

SEIZONEバナー3
このマスカスタマイゼーションは「大量生産」「要求に応じた個別生産」の両方の意味合いがあり、それぞれメリットがあります。

原価、コストの削減

大量生産する場合の仕入れは、基本的に少量で発注する場合より仕入れ値が大幅に抑える事が出来ます。結果的に製品一つ当たりの価格を抑える事が出来て、低予算で低価格を実現します。このような大量生産は既にシステムが構築されているので、基本自動ルートで製造される事が多いと思います。

これにより人員不足の解消にも繋がり、余計な手を加える必要もないので、安定して大量生産が可能となります。また、一連の流れがあらかじめ決まっているのでリードタイム短縮にも繋がります。つまり、原料の原価や無駄な経費を抑え、時間の短縮にもなるといった製造業で良く問題視される問題解決に大いに貢献していきます。

個別の要望に対応できる為、顧客離れを止める

様々な要望にも対応する事で、顧客離れにも繋がります。それ以外にもこのような要望を分析し、顧客の悩みを知る事によって、それらの悩みを解決出来る新たな製品の開発も可能となります。

「今までこんな悩みがあったけど、解消してくれる製品に出会えた」新たな製品の開発は今後更に激化していく競争で大きな武器となっていきます。

無駄な在庫を抱えなくても良い

受注してから生産、販売をするので基本的には在庫は溜まりません。つまり、本当に必要な分だけ必要な量を生産するので無駄がなく、余計なコストも一切掛かりません。販売計画を立てても、その通りにいく事は難しく、今の新型コロナウイルスの蔓延により市場は大きく変わりつつあります。

このような場合、どうしても無駄な在庫を抱える事になり、経営の圧迫になります。そのような悩みも解決してくれるので、まさに画期的な取り組みと言えるでしょう。

マスカスタマイゼーションのデメリットについて

メリットとデメリット

一件かなり万能な取り組みに感じると思いますが、デメリットも存在します。

大量生産と受注生産の両立が難しい

この大量生産と受注生産は全く真逆の考えです。この二つの考えを同時に取り入れる事が出来ればかなり有利に経営を進める事が出来ますが、両立は基本的には不可能と言われています。

したがって、無理に両立しようとするとかえって悪化する場合もあります。大事な事は無理なく適度に両立させるという事です。従来の大量生産は維持しつつ、顧客の要望にはその都度対応するといったどちらの工程も守る事が大切です。

マスカスタマイゼーションの考えが浸透していない

この言葉を聞いてすぐに反応出来る方は問題ありませんが、そもそも聞いた事もないと感じる経営者は多いでしょう。現実的に分かってはいるけど、中々実践するのに躊躇している場合もあります。

まずは、この概念をしっかり理解する事が大切であり、他社の取り組みを参考に自社でも取り入れる事が出来ないか検討する必要があります。一気に何でもしようとすると、経営が出来なくなる恐れがあります。しっかり学習する時間を設け、下で働く作業者にしっかり教育していく事が大切です。

どのようにマスカスタマイゼーションの実現を目指すべきか

製造業DX AI

マスカスタマイゼーションの実現は簡単なものではありません。しかし、何か行動に移さないと何も変わりません。こちらでは、どのように進めていけば実現を目指していけるか説明していきます。

AIの活用、IT化への変貌

今現状IT化を進めている製造業は増えつつありますが、まだまだ大半の製造業は従来通りの生産スタイルを貫いていると思います。特に中小企業など、未だに人員がメインで製造管理をしている業種はこのマスカスタマイゼーションの実現にはほど遠いと言えます。

全ての設備をIT化、AIによる自動ルートの確立が望ましいですが、いきなり全てを変更するのは難しいと思うので、出来る範囲から少しずつ変えていく事で徐々にIT化に近づけていくのが理想です。

つまり、「スマートファクトリー」を同時に進めていくことが重要となっていきます。その上で顧客に対応した設備に投資をし、大量生産の道筋を構築する事がマスカスタマイゼーションの実現に繋がっていきます。

経営陣の意識改革

今までのやり方では、間違いなく実現出来ないという事をしっかり理解し、新たな試みに挑戦する意欲が大切です。その上で大事になってくるのは経営陣の考えを改める事です。特に古くから企業に在籍している経営陣は考えが固く、大きく変わる環境に対応出来ない恐れがあります。

その為に、ITに強い人材の確保、実際に今後どのような試算になるかをしっかり考慮し、顧客の要望に応えていき、大量生産と受注生産の難しさ、難しいからこそ上の立場の人がしっかり意識を変えていく必要があります。

マスカスタマイゼーションの成功例の紹介

マスカスタマイゼーションの成功事例を紹介します。成功例の一つとして参考にして下さい。

ハーレーダビッドソン

オートバイ専門大手メーカーとして世界的に有名なこのハーレーダビットソンですが、愛用者それぞれ異なるカスタムに対応するべく、2011年、「Build your own bike(自分だけのバイクを作ろう)」というウェブサイトを開設しました。これはマスカスタマイゼーションと言われています。これには、事前に行っていたスマートファクトリー化が影響しています。

IT機能を使用し工場全体を把握する事でバイクの生産状況を常に監視する事が可能になりました。この生産管理システムを使用する事で、個別に受注する事が出来、顧客それぞれの要望に応えたバイクを組み立てます。それにより、従来の大量生産に加え、顧客に応じた受注生産にも対応していきます。

結果的にリードタイム短縮にも繋がり、経営向上に大きく貢献しました。まだまだ課題も多いマスカスタマイゼーションですが、着実に進めている企業も存在するのでどのような製造業でも必ず糸口はあると思います。参考に出来る企業は大いに参考にして、製造業では是非実現に向けて頑張って貰いたいです。

seizone-article3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.