製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

製造業DXを実現させる為に、今話題を呼んでいるのは「ドローン」を活用した取り組みです。今ではドローンの活躍で飛躍的に成果を上げている製造業も多く存在します。

製造業でドローンを活用する場面が中々想像出来ないかもしれませんが、今回はドローンを使用した製造業の取り組みや今後の将来像について解説します。

製造業DXで期待されるドローン活用の場

SEIZONEバナー1
テレビで良く話題に挙がる事の多いドローンですが、どちらかと言うと撮影機材というイメージが強いかと思います。どのような場面でドローンが使われているか順に紹介します。

空からの撮影

テレビやYouTube等で、空からの映像を見た事があるでしょうか。そのような映像はドローンで撮影される場合が多いです。普通は撮る事が出来ない場所もドローンのサイズでは通る事が出来るので、今まで中々見たくても見れなかったような絶景の映像を気軽に見る事が出来ます。

また、災害時でも活躍します。地震などが起きた時に従来はヘリコプターなどで捜索をしていましたが、風圧で物が飛んできたり更なる災害の恐れがあるため、被害を受けている人の近くまで近づく事が出来ませんでした。しかし、ドローンであれば、小型なので近くまで近づく事が出来るので、怪我人の位置情報を素早く感知する事が出来ます。

このような救助活動でも活躍します。今は高速道路の点検などの実証実験も進められています。全国の膨大な量のデータを撮影、AIでの分析を行い、点検箇所や修理が必要な場所を事前に調べる事により、現在点検技術者が減少している問題解決に繋がっていきます。これにより、整備が必要な箇所が分かるので事故などのリスク回避にも貢献します。

物資配送

配送業の残業過多などの労働環境見直しの為に進められているこの物資配送ですが、今はまだ実験段階です。問題はまだ沢山ありますが、Amazonや楽天が率先して実証実験を進めており、近い将来ネットで購入したものが宅配便ではなく空から届けられる未来が来るかもしれません。

現在どのような天気にも対応するドローンの開発も進んでいます。その為、大雨や大雪の時も安定して配送出来る事が可能となるでしょう。どうしても今日中に欲しいものがある…なんて願いもドローンを活用する事で叶います。配送トラブル解消にも貢献していくと思います。

農薬散布

農薬散布は非常に時間と労力が必要な作業で、広大な面積を一気に散布出来るドローンの活用はまさに革命と言えるでしょう。映像で確認しながら作業が出来るため、ムラなく農薬が散布出来るようになります。他には精密農業でも活躍が期待出来ます。本来地上に設置したセンサーや人工衛星画像などを用いて行われていましたが、それぞれ別々の問題が多いのが現状です。

それらの問題を改善する為にドローンの活用が進められています。ドローンは従来のセンサーを設置して集めるデータよりも広範囲のデータを集める事が出来ます。また、人工衛星画像よりも更に高解像度な画像を撮影出来るので大幅に改善されると言われています。こちらも若手の労働力不足に悩む農業の救いの手になっているのではないでしょうか。

製造業でのDX活用

飛行するドローン

製造業ではどのようにドローンが使われ、どのような可能性があるのか見ていきましょう。

製造ラインの見える化の実現

工場内でドローンを飛ばす事により、工場全体の設備の状態や作業者の配置の確認、ドローンに取り付けたセンサーなどを活用し、工場内のデータ等を集め、生産ラインが正常かどうかの状況を把握する事が出来ます。

また、工場内のあらゆるデータを集めてそれらを分析する事で生産性を向上させる「スマートファクトリー」の取り組みが進んでいます。ドローンの活用もこの一つで、これらの取り組みを通して設備の問題や作業者の無駄な配置をなくしたり必要な人数を把握する事が製造業DXに繋がります。

在庫管理

製造業では、大量の部品や材料などの在庫を把握する為に多くの作業者を雇い大きな労力を消費します。これもドローンとRFID(radio frequency identifier)を使用する事により、この在庫管理に掛かる手間を削減することが可能です。在庫に識別出来るタグなどを取り付けておく事で、ドローンが倉庫内を徘徊し正確な在庫量を把握する事が出来ます。

ドローンを使用した在庫管理は高い場所でも問題なく行う事が出来るので、転落して怪我をするなんて心配もしなくて良くなります。大手企業では既にこのドローンを使った在庫管理を実施しています。それにより人員を別の作業に充てたり必要な在庫量の確保と不要な在庫を予め把握する事が出来るので、コスト削減に繋がります。

在庫管理のDXに関しては別の記事で詳しく解説しています。

製造業DXによる在庫管理の見える化

危険回避

高所での点検作業は非常に危険を伴います。従来は高所作業の資格を有する作業者が目視で点検を行っていましたが、これもドローンを活用する事で大幅にリスク回避に繋がります。ドローンを使用する事で、今までの点検では見る事が出来なかった細かい部分も確認する事が出来るので、事前に修理・交換などを実施出来ます。

結果的に危険回避と同時に設備の保全にも役立っていきます。更に技術が進歩し、全ての点検作業をドローンで行えるようになれば、怪我や死亡災害などはなくなります。

製造業DXでの課題

製造業DX GPS

メリットばかりのドローンの活用ですが、まだまだ課題も多く残されています。ここからはそれらの課題について説明します。

GPS機能が活用出来ない工場

工場でのドローン活用で大きな製造業DXに繋がりますが、そもそもドローンがまともに使えない工場もあります。ドローンはGPS信号によってドローン自身の位置を自身で把握します。その為、障害物と接触しないよう調整しながら飛行しています。しかし、工場などの屋内ではこのGPS信号が届かない場合があります。その為、操作する人の運転技術が低いと事故を起こす可能性があります。

また、生産ライン確認の為に工場内を常に飛び回り監視するのが理想ですが、その為にはGPS信号がない環境だと難しいと言えます。GPS機能が使えないとなると、Wi−Fiなどを使った屋内での測位技術があります。まだこちらは検証段階なので、今後このような技術の進歩が必要になるでしょう。他には物などに接触しないように検知する機能を搭載が必須になるので、これからの成長に期待です。

製造業向けのサービスがまだ少ない

まだ普及段階なので、製造業以外の活躍が過半数です。ドローンは比較的有名になったと思いますが、一度も実物を見た事がない人も多いのではないでしょうか。もっと普及すれば、知名度はまだ向上する余地はあります。

実際、製造業でドローンを活用している企業はまだ少なくラインの見える化はこれから期待される取り組みだと言えます。今後、ドローンを活用した実証実験で大きな成果を挙げる事が出来たら、ドローンの需要は大きく伸びると予想されます。

ドローンを活用した製造業DXは現在、着実に進んでいます。今はまだあまり実感が沸かないかもしれませんが、可能性はまだまだ秘めています。ドローンが工場内を徘徊している姿想像出来るでしょうか。もしかしたら近い将来工場内を複数のドローンが飛び交っている光景が当たり前になっているかもしれません。製造業のこれからの未来に期待していきましょう。

seizone-article3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.