製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

他の業種と同じく製造業にとっても、ホームページを作ることは重要な集客の一つといえます。ホームページ制作には次のようなメリットがあります。また、これまでは対面のみで獲得してきた顧客の他に「ホームページを見てきた」というネット経由での顧客獲得にも大きな期待がかかります。

企業の信用が高まる

ホームページが必要な製造業
自社のホームページを制作することで、企業の信頼性が向上します。見込み客に、会社概要・経営理念・沿革・取引先や、事業内容・取引実績・取得資格などを伝えられるからです。

これらがわかれば、これから利用しようと考えている顧客はどのような企業であるかをイメージすることができます。ホームページ制作は、インターネット上に企業の看板を作成する作業といえるかもしれません。

顧客と良好なコミュニケーションをとれるホームページは、存在だけで企業の信頼性をアップしてくれます。

新規顧客の獲得につながる

ホームページから新規のお客さんを獲得することもできます。会社概要・事業内容・取引実績などに加え、問い合わせフォームや資料請求フォームなどを設置できるからです。

ホームページを見て興味をもった見込み客が、新規顧客になることは珍しくありません。ホームページは、うまく使えば凄腕の営業ツールになってくれる可能性があるのです。

また、ホームページの特徴として、全国を対象に新たな顧客を獲得できる点も挙げられます。顧客の求めているものに応えられるホームページを制作すれば、営業エリアを大きく広げられる可能性があります。

求人活動が効率化する

ホームページを制作することで、採用活動を効率よく行うことも可能です。求人サイトには制約があって載せることのできない情報を、自社のホームページに掲載できることが挙げられます。

例えば、「この企業へ応募したい」と考えている人が必要とする情報をまとめた求人用の特設ページを制作しておくことなどが考えられます。

一般的な情報を求めている人は誰もアクセスしないと考えているかもしれませんが、求人サイトで興味のある企業を見つけた応募者の多くはその会社を知るために公式ホームページにアクセスし会社に関する情報を手に入れようとします。

このことから、求人サイトへの掲載と一緒に会社の採用特設ページを制作しておけば、さらに会社そのものに興味をもってもらえる可能性が高くなります。なので、ホームページ制作で人材の確保をすることが可能なのです。

技術力のアピールが可能

ホームページを駆使して、会社の高い技術力をアピールすることも可能です。その道の専門知識を有している人しか理解できない情報などに加え、誰でも理解できるように作られた導入実績、さらには技術力を初心者でも分かりやすいようにイラストや動画を掲載できるからです。

ホームページを活用すれば、幅広い層に会社の高い技術力をアピールできます。

既存顧客へのフォローアップになる

ホームページをうまく運営することができれば、現在の顧客をフォローアップすることもできます。工場の稼働状況や休日などを掲載できるからです。また、稼働状況や休日をホームページに掲載することは今後自社に入りたいと考えている人々へのアピールポイントになります。

わざわざ個別に連絡するほどではないものの、「自社のこれを知っていてほしい」という情報を伝えることが可能です。また、工場で現在進行形で起こっていることなど、注目のある話題を伝えることもできます。ホームページを使って、現在の顧客とコミュニケーションを図れます。

製造業のホームページに必要なページ

必要なもの

製造業のホームページに多く見られるページは以下の7つです。

・ホーム

・会社案内・会社概要

・事業内容

・製品紹介

・工場の紹介

・よくある質問

・まとめ

一つ一つ解説していきます。

ホーム(トップページ)

トップページのメインビジュアルには「製造風景」、「製造機器の写真」、「事業内容をイメージできるような画像(実際に仕事をしている風景)」を置くことが多いです。

また、最近はネット環境もかなり快適になり、多くの企業がwebサイトのホーム画面に仕事中などの動画を置く方法が多く見受けられるようになりました。

仕事に一生懸命取り組んでいる場面などを動画にしてホーム画面で再生することで、その会社の作業の様子、雰囲気などが一目で分かり、目視することで印象に残りやすくなります。

近年の動画サイト等の視聴傾向として、人や機械の作業風景の動画投稿を見る人が多いことからも、「物が出来上がる」までの具体的な過程を見せることは強い印象を与えられます。

会社案内・会社概要

方針・理念

製造の専門家として、納得いただける仕事を行っていることやこだわりに関することを記載、アピールすることでお客様に安心感や信頼性を与えることができます。

会社概要

会社案内を掲載することで企業として安心して利用することができることをユーザーにアピールします。会社の歴史などを年表を用いて発信することで信用につながります。

事業内容

自社で取り扱う機械の紹介や作業方針

専門的な機器を取り扱っている業種でもあるため、使用機械の種類や機器の特徴などを詳しく解説することでより依頼するお客様の信頼を得ることができます。

各事業内容

複数の事業を展開している場合、事業の概要と仕事の見積もりから納品までの流れを記載しておくと、サイトを見る側としては非常に助かります。これを記載しておくことによって、新規クライアントなどから案件を受ける際に、相手側が仕事をスムーズに受けることに繋がります。

製品紹介(素材・材料など)

製品名・製品の写真

製造業のホームページで最も保有率の高いページの情報となります。

製品の情報を文章のみで記載するだけではなく、製品の移りの良い写真を載せることで、お客様により良い印象を持って製品を見てもらうことに繋がります。

特に製品の画像を1枚だけ添付するだけでなく、色合いや光の当たりかたなどいろいろな角度から製品を見せることでより視覚的にも理解しやすく、参考になる情報商材となります。

製品の詳細(型番や素材情報など)

製品についてのこだわりやアピールポイントを掲載します。消費者などの立場から考えた場合、消費者は、どんな技術で作っているかや購入する際の価格が気になります。

ただし、製造業の場合、製造する製品や予定数などによって価格に違いが出てくるため価格が一定にならず、掲載することが困難かもしれませんので、製品の特長や見てほしい部分だけでも必ず充実させる必要があります。

工場の紹介

保有設備(機械)の画像と名前

保有設備の画像と名前を掲載します。画像と設備を実際に掲載することで、ホームページを閲覧している人はどのような工場で働いているのかをイメージしやすくなり、場合によってはコロナ渦における企業訪問などの役割を担ってくれます。

保有設備(機械)の詳細データ

ターゲットとしているユーザーが企業担当者の場合、持っている施設設備の詳細データから製造力・技術力を確認します。

そのためには、一つ一つの設備の名前、機械の名前、内容、設置数などを記載し、企業の規模や加工精度などをうまくアピールする必要があります。

よくある質問

実際にクライアントとの会話の中で、よく出てくる質問や話題を掲載し、Q&A形式で答えることにより、お問い合わせなどの負担を減らすことができます。また、ホームページ経由でも閲覧者が質問や気になる点を相談できるようにお問い合わせページも必ず設置しておきましょう。

まとめ

製造業が今後、様々なところに自社製品をアピールしていくにはweb経由での顧客を増やしていくことは必要不可欠です。おそらくweb制作に詳しい人材を確保することが今後のちょっとした課題になるかもしれません。

しかし、製造業関連のホームページ制作はSEIZONEが受け付けているので、ぜひ活用してみてください。

seizone-article3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.