製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

サプライチェーンとは、とある製品が消費者の手元に届くまでの過程を指す言葉です。例えば日本で人気の高い車などは、国を問わず多くの部品工場から部品が供給されており、それらを受容予測のもと仕入れて自動車メーカーが組立を行い、自動車販売会社などへおろしています。

このような製品が手元に届くまでの会社での大きな流れをサプライチェーン(供給の連鎖)と言い、それらを管理することをサプライチェーン管理と表現しているのです。

サプライチェーンのメリット

SEIZONEバナー1
サプライチェーンにおけるメリットは次の通りになります。

  • 情報の一括管理が可能
  • 在庫の把握がしやすくなり、コスト削減につながる
  • 製品の市場への供給が早くなる
  • 人件コストの削減

一つ一つ解説していきます。

情報の一括管理が可能

サプライチェーンを行うと、製造工場などの仕入れ先や在庫管理、生産計画などのデータが全て本部に送信されます。このことから、工場ごとの情報管理が本部で一括にできるため、本部と工場での課題や展望を共有しやすくなります。

在庫の把握がしやすくなり、コスト削減につながる

在庫のロスが起こると、在庫赤字に繋がりかねない可能性があり、是が非でも解消したい課題と言えるでしょう。サプライチェーンを導入することで商品管理の全体を把握することができれば、無駄な部分をいち早く見抜くことができ、商品管理の最適化を図ることが可能です。

その結果在庫を減らすことができればコストの削減につながります。商品在庫の最適化ができれば、余計な在庫による赤字リスクを減らすことができます。

製品の市場への供給が早くなる

サプライチェーンの導入により製造で生じる流通全体の管理を行うことができれば、各業務の作業時間を短縮することができ、市場への供給スピードを早めることが可能です。

人件コストの削減

サプライチェーンにより、仕事の工数の簡略ができれば、自然と今まで必要だった工程に人材が必要なくなるので、常に人材不足の製造業の会社にとっては大きな人件コストの削減を行うことができます。

サプライチェーンのデメリット

時間コスト削減

結果から言えば、サプライチェーンの構築を進めるにあたってデメリットはありません。あえていうのであれば「コスト面の負担」「戦略取り決めに関する負担」かもしれません。サプライチェーンマネジメントでは部門ごと、サプライヤーごとのデータを集約して一元的に管理し、サプライチェーン全体を俯瞰するためのシステム構築が必要です。こうしたシステムの構築にかかる投資が必要になります。

これを最近ではこれをデメリットと捉える企業はいないかもしれません。なぜなら企業の成長にはサプライチェーンの管理が必要不可欠であるからです。また、「戦略取り決めに関する負担」については今後今以上に大きな負担になる可能性も0ではありません。サプライチェーンマネジメントを実施するということは、システム構築や組織体制の再び作り直しますが、これらはその場しのぎのために進めたところで大きな効果をもたらすことはできません。

サプライチェーンの構築を進めるためには現場の状況を調査することと企業ごとの正しい今後の目標によってサプライチェーンの将来的な理想をイメージしながら実行する必要があります。こうした負担は今後サプライチェーン専門のシステムを構築することで負担が減ることも考えられるため、具体的にどのようなことをサプライチェーンの目的として設定するかを明確にし、その上で適切なシステム構築を目指すことが大切です。

サプライチェーンの課題

ロシアとウクライナ

サプライチェーンにおける課題は以下の6つです。

  • サプライチェーンの構築
  • 国際情勢の影響
  • コロナウイルスの影響
  • 全体の可視化
  • グローバル化
  • コストの削減

こちらに関して一つ一つ解説していきます。

課題1:サプライチェーンの構築

多くの企業の目的はお客さんに自社製品やサービスを通じて満足してもらうことです。そのために企業は良質な部品やサービスを安い値段で仕入れながら最適なサプライチェーンの構築を目標にしています。しかし、長年ビジネスに取り組んでいると実際にはサプライヤーとの関係性が深まりすぎて、製品開発や本当に顧客が求めている需要の面でニーズを知ることに遅れが発生してしまうケースがあります。

これは、閉鎖的なサプライチェーンによって情報がじかに入らなくなり、顧客ありきのビジネスではなくなってしまうことが原因です。企業がサプライチェーンを構築するためには、常に顧客第一主義を目指した開放的なサプライチェーンの構築が必要不可欠となっています。

課題2:国際情勢

現在ロシアがウクライナに対して、侵攻を進めているため、国際情勢が不安定となっています。この影響から今後、海外からの供給が止まってしまえばサプライチェーンどころの話ではなく、ますますサプライチェーンの構築が遅れるのは目に見えているでしょう。

課題3:コロナウイルスの影響

現在、新型コロナウイルスの影響で日本と海外の往来が自粛されていたり、外国の国々がロックダウンによっていつも通りの仕事が難しいなどの理由からうまくサプライチェーンの構築を進めることができないのが現状です。今後コロナウイルスの状況が緩和され、今まで通りの生活ができるようになったらそこからサプライチェーンの構築は進んでいくでしょう。

課題4:全体の可視化

サプライチェーンを最適に行うために必要なことは、一つ一つの過程の状態を可視化できる環境が重要となってきます。サプライチェーン全体で発生する各々のデータを可視化することで問題点を理解したり、今後の世の中の需要を予測するなどの早い段階での経営判断を下すことができるようになります。

また、企業はサプライチェーンのみで成り立つわけではないため、生産や製造、営業などのデータを上手く連携させることでより質の高いデータの可視化が可能となるのです。

課題5:グローバル化

製造業においてサプライチェーンの構築は日本のみならず世界各国で行われている事例と言っていいでしょう。日本は少子高齢化の影響で労働人材の不足やビジネス面における新興国の登場など多くの課題を抱えています。このことから世界との競争に打ち勝っていくためには世界レベルでの最適なサプライチェーンを作り上げることが最重要課題となります。

課題6:コスト削減

製造業において、サプライチェーンでのコスト削減は早急に行わなければならない課題と言えるでしょう。そのためには前述したサプライチェーン全体の可視化が大切であり、可視化を行うことで無駄な部分を知ることができ、省くことが可能となります。特にビジネス全体の戦略見直しや工場の配置の最適化、サプライヤーの変更を行いながらサプライチェーンにかかるコストを見直していくことが重要となります。

まとめ

日本の製造業が世界の企業と渡り合っていくためにはサプライチェーンの導入が最重要課題であり、早急に対応していく必要があります。また、現在では新型コロナウイルスの影響や国際情勢の悪化などから、世界全体での製造業の状況はさらに悪化すると考えられています。

サプライチェーンのみならず幅広い面から製造業の認知度を向上させていく必要が今後、不可欠な状態だと言えるでしょう。

seizone-article3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.