製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

近年新型コロナウイルスの影響により大きな会場でおこなわれる展示会に、入場者数の制限や予約制など企業がPRできる場に制限がかかり始めました。このような状況の中で、2020年以降オンライン展示会が急速に発達していきています。オンライン展示会では、非接触で商品を紹介できる他、時間や場所の制限がないため多くの人が閲覧できるメリットがあります。この記事では、製造業に着目をしてオンライン展示会の効果やメリット・デメリットについて紹介します。

 

オンライン展示会とは?

SEIZONEバナー1
オンライン展示会とは、Web上で開催される展示会を指します。オンライン展示会では、オフラインで開催される展示会とは異なり、場所や開催費用、年会費、時間に制限がなく開催することができるので気軽に商品を宣伝することができます。

また、海外からの方に向けて商品を発信することもできます。コロナ禍でイベントの中止が相次いだため、企業間でニーズが高まり製造業や飲食業、アパレルなど様々な業界が参入しています。オンライン展示会のコンテンツも豊富にあり、自社だけで開催する展示会や専用のプラットフォームに合同で展示する形式などがあります。

製造業のオンライン展示会の特徴

製造業の展示会

オンライン展示会には、3つの種類があります。各種類の特徴について紹介します。

  • 業界特化型
  • 業界総合型
  • 製品特化型

業界特化型

業界特化型のオンライン展示会では、メカ設計やロボット技術など特定の業界や業種に絞った展示会になります。製造業界では、倉庫や工場で活躍するロボットやロボットの周辺機器、部品や材料が挙げられます。

製造業の業界特化型オンライン展示会の例として、「TECHNO-FRONTIERバーチャル展示会2020(テクノフロンティア/技術系)」「METALTECH2020(メタルテック/工作機械系)」などが挙げられます。

業界総合型

業界総合型のオンライン展示会では、BtoB業界やBtoC業界、製造業など何らかの業界をテーマに付随する製品やサービスを紹介する展示会になります。製造業に関する様々な分野が集まるため、幅広い業界からの顧客を集めることができます。

製造業の業界総合型オンライン展示会の例として、「CEATEC 2020 ONLINE(シーテック2020 オンライン/製造業含む総合展示会)」「INDUSTRY EXPO(インダストリー・エクスポ/製造業全般)」が挙げられます。

製品特化型

製品特化型のオンライン展示会では、見込み客を広げることよりも商談や成約に繋げることを目的としています。例えば、3Dプリンターのような導入したい製品が決まっている企業や団体をだけを集客します。企業や団体は、商品を導入する意思が強いため自社製品がマッチすれば契約や購入をしてくれる可能性が高いです。また、調査する側も検討に時間をかける必要がなくなるため迅速に商談や成約につなげることができます。製造業の製品特化型オンライン展示会の例として「業務用ラベラー大辞典」が挙げられます。

製造業界のオンライン展示会の種類7選

exhibition製造業界がオンライン展示会をする場合は、どのようなコンテンツを掲載するのでしょうか。オンライン展示会を開催する場合は、7つコンテンツを展示する企業が多いです。

  • 360°画像
  • 3DCG
  • 2D
  • 動画コンテンツ
  • AR
  • Webコンテンツ
  • 電子カタログ

360°画像

実際にあるショールームを360°のパノラマカメラなどで撮影をおこなう、製品画像や映像、VRコンテンツなどを配置する方法になります。実際に展示会ブースを来訪している感覚になり製品やサービスの魅力を出すことができます。

3DCG

展示会やショールームをフル3DCGで再現をして、3D空間を自由に閲覧することができます。3Dなので臨場感を得ることができます。しかし、作業コストや3Dの構築に時間などがかかるため気軽に採用することができないデメリットもあります。

2D

ショールームを2Dの平面イラストで作成することでコンテンツを展示する方法です。単純なつくりになるため、来訪者もわかりやすく簡単に操作や閲覧をすることができます。

動画コンテンツ

使い方やサービスを訴求する上で動画コンテンツは有用になります。実際の商品イメージを伝えたり、ブランディング戦略を取ることも可能になります。

AR

オンライン展示会では、実際の商品を手に取って触ることができないため設置イメージや使い方がわからないという人が多くいます。そこで、ARを活用するとスマートフォンを通して等身大の商品を閲覧できるようになり、より本番に近い体験をユーザーに与えることができます。

Webコンテンツ

オンライン展示会を自社で開催していくのであれば、Webコンテンツがおススメです。CMSを利用すれば、毎年イラストの変更や3Dコンテンツを作成する必要がありません。また、分析ツールを導入することで、閲覧者のデータを収集することができます。

電子カタログ

電子カタログでは、ホワイトペーパーのように商品情報をダウンロードさせて顧客の情報を集める方法もあります。顧客情報を手に入れることができるので後日営業担当者が電話やメールで連絡することも可能になります。

製造業界のオンライン展示会メリット・デメリット

exhibition-manufacture

製造業界は、実物を見て体験して商談に進むことが多かったため展示会に出展する企業は多くいました。しかし、コロナ禍の影響やデジタル化の波によりオンライン展示会が普及し始めました。製造業界に限らず、オンライン展示会を開催するメリットは多いのですがデメリットについても紹介していきます。

製造業のオンライン展示会メリット

製造業界がオンライン展示会をするメリットとしては、「コストを抑えることができる」「時間や場所の制約を受けない」ことが挙げられます。オフライン展示会では、場所代や展示会参加費、設営費、設営するための人件費、移動時間などが必要になりますがオンライン展示会では、これらの制約を受けることなく日本国内や海外をターゲットにすることができます。また、費用を抑えることができるため気軽に参入することができます。

製造業のオンライン展示会デメリット

製造業界がオンライン展示会をするデメリットとしては、「製品を手に取れない」「push型の営業ができない」「リードを獲得後、成約に結びつかない」などが挙げられます。製造業界が展示会を開催するときは、製品を展示会に持ち込んで顧客に対して製品のPRをしていましたがオンライン展示会では、製品を映像でしか見せることができません。そのため、リードを獲得しても十分にサービスや製品を理解することができず、成約が先延ばしになる場合が多いです。またオフラインの展示会とは異なり、営業担当が積極的にリードを獲得することができないため、受け身の営業になってしまいます。

まとめ

この記事では、製造業界におけるオンライン展示会の特徴やメリット・デメリットについて紹介しました。オンライン展示会では、コストや時間などの制約がなく気軽に参入できる新しいデジタルマーケティングとして活躍しています。今後もオフラインの展示会以外にもオンラインで開催される展示会が多くなると予想されるので、ぜひこの機会にオンライン展示会に参入してみてください。

SEIZONEバナー3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.