製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

製造業では多くの場合、すでにある取引先からの受注に頼る傾向があります。顧客を限定化しやすいルート営業が中心になっているところがほとんどだと思います。しかし、コロナの流行、インターネットの需要が高くなっていることから、近年、製造業におけるマーケティングの手段が変わってきていることをご存知でしょうか。製造業でのマーケティング手段は現在、展示会や、webマーケティングにシフトしてきています。では、製造業に有効なマーケティング手段とは、そういったものがあるのでしょうか。製造業に有効な手段を今回は3つ紹介いたします。

オフラインマーケティング

SEIZONEバナー1

オフラインとは、直接その場に出向き、その場にいる人に対して営業することです。オフラインのマーケティングの一つに、展示会があります。

展示会

exhibition-manufacture

展示会とは、主催者が出展社を集めて実際にその場にある商品を見定めて購入し、購入してもらうものです。展示会に出店することによるメリット、デメリットは以下の通りです。

メリット

  • 対面で行うため、呼び込みができる。
  • 相手の表情がわかるため、相手の求めていることが分かりやすい。
  • 商品を実際に手にとって見てもらうことで、質感やサイズ感を直接確かめてもらえる。

デメリット

  • 現地に直接アクセスするため、天候や交通状況の影響をうける。
  • 会場やブースのレンタル費用や、パンフレットやチラシの印刷費用などのコストがかかる。
  • 来場者にしか案内ができないため、日本国内の参加企業にしか営業ができない。
  • 来場者の細かいデータを取得すること、集計をブース運営をしながらやることになるため、正確な情報を得られづらい。

来場者が直接見ることができるので、購入までの道は早いかもしれませんが、大勢の来場者に平等の案内をするとなると限界がありますよね。ですから、近年は直接売り込むよりもオンラインでの展示会が主流になってきています。

オンラインマーケティングサイト

次に、オンラインでマーケティングができるサイトに関して紹介いたします。

イプロス

ipros

日本最大級のBtoBデータベースサイトです。情報を探すユーザーと、技術をPRしたい企業を繋いでくれます。イプロスではものづくりや都市まちづくり、医薬食品技術などはもちろん、アジア向けの製造業マッチングサイト「TECH DIRECTORY Asia」の企画・開発・運営をおこなっています。

日本でのイプロスは、154万人を超える会員がいて、そこに6万社の企業がPRをすることができます。閲覧会員数・出展企業数共に1位で、閲覧者は膨大な製品やサービス、技術の中から分野別に適切な情報を探せます。そんなイプロスのメリットを紹介します。

メリット

  • 無料でも情報を掲載することができます。

新たな技術を探している154万人以上の会員に向けて、無料でPRすることが可能です。購買意欲の高いターゲットが集まっているため、企業情報や製品などを掲載できるだけでなく、カタログのPDFや、CADデータ、サンプルソフトを登録することができます。他にも外部リンクを設置することによって、会社のホームページへ誘導することもできます。

  • 各分野のプロからアンケートを取得し、ニーズやアイデアの掘り起こしが実現できます。優秀な技術や製品も、知られなければ活用されることがありませんよね。イプロスは多数のエンジニアや研究者が閲覧しているので、これまで想定していなかった分野から新しい用途として注目される可能性があります。有料ではありますが、タイアップページなどの販促プランで露出を増やすことで認知度を高め、これまで接点のなかった見込み客から注目を集めることができるのです。これは、新たな顧客層や市場の開拓に、とても有利な機能です。
  • どの会社の誰があなたの会社に興味を持っているかが分かります。あなたの会社にお問い合わせや資料請求などの引き合いが獲得できるのです。どんな会社のどんな人が、あなたの会社のどの情報に興味を持っているかなど、見込み客の有益な情報をリアルタイムで入手することができるのです。

イプロスは、日本最大級でありながら、経済成長の著しいアジアの6カ国でも展開しています。現地語と日本語の二言語に対応しているため、それぞれの言語であなたの会社の製品やサービス、技術情報を掲載することができます。対応している国は、タイ・ベトナム・マレーシア・シンガポール・インドネシア・フィリピンです。

サイトでは、11種類の販促、広告プランを掲載しており、どんなPRやマーケティングをしたいかというニーズに的確に応えてくれています。そしてお役立ち機能として、出展者には専用の管理画面があります。そこではマーケティング活動に役立つ各種分析データの取得や、興味を持ってくれた見込み客からの引き合い獲得を行うことができます。

他にも、成功事例をいくつかピックアップしてサイトに上げています。ものづくりや医薬食品技術などの業種や、認知度向上やサイト集客などの課題から成功事例を探すことができます。そのため、未経験で初めてオンラインでマーケティングをする場合は、とても参考になりますよ。

アペルザ

aperza

アペルザは専門的に特化したインターネットサービスを提供している会社です。売り手と買い手を繋ぐプラットフォームを提供することで、さまざまな企業や製品を国内外に広く知られ、使われるようにサポートするサイトです。アペルザは、複数のポータルやサイトを運営しているので、それぞれ紹介していきます。

  • apérza

ものづくり産業向けに特化したポータルサイトです。ものづくりや研究開発に携わる技術者の情報収集や比較選定、調達購買をこのサイト一つでサポートしてくれます。技術者の役に立つ情報をカタログや動画、記事などのさまざまな形で提供し、新しい製品や技術との出会いを提供してくれます。

  • apérza TV

最新の製品や技術、トレンドやノウハウなどのさまざまなものづくりや賢雄開発にたずさわる技術者の役に立つ動画コンテンツです。ものづくり産業向けに特化した動画サイトになっていて、いつでも無料で視聴することができるので、たくさんのユーザーが利用しています。

  • apérza カタログ

ものづくりや研究開発の現場で必要とされる、さまざまな製品のカタログや技術資料を検索しダウンロードすることができる、カタログサイトです。

  • apérza EC

全国のメーカー、専門商社が出品者としてサイト上で直接販売できる、法人向けモール型ECサイトです。サイト上での直接販売なので、納期や価格、在庫をオンライン上で確認し、そのまま購入することができます。

アペルザは、イプロスの立ち上げに参画し、ポリグロッツやエデュートなどの創業を経た石原誠(いしはらまこと)という男性が代表取締役社長を担っています。ものづくりとインターネットという、真逆ともいわれる二つを繋げた人が立ち上げた会社になるので、とても安心できるサイトです。

まとめ

ここまで、製造業に有効なマーケティング手法を3つほど紹介してきました。展覧会はオフライン上のものを紹介しましたが、現在はオンラインで行うほうが主流となっています。ですが、オフラインは対面で直に触って確かめられ、細かな疑問もその場で解消できるというメリットがありますよね。

オンラインでのマーケティング手法もそれは同じことが言えます。しかし、インターネットが普及した今日では、画面越しに世界各国の素晴らしい技術を知ることができます。新たなマーケティング手法を模索している方は、今まで説明してきた方法を利用してみてください。

SEIZONEバナー3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.