製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

現在、製造業界における工場や製造現場では、少子高齢化などによる深刻な人手不足、技術の継承問題といった大きな課題を持っています。また、昨今の新型コロナウィルスにより、顧客志向が多様化しており、工場内の製造現場では効率化に向けた業務改革、そして生産性向上が急務です。それらを達成するために、製造業ではDXの推進が大幅に進められています。生産性向上、業務の効率化に向けたDX化の一つの取り組みとして、今回はスマートグラスに関してご紹介いたします。

DXをふまえた製造業の現状と課題

SEIZONEバナー1
製造業は日本伝統の企業が多く、古くからの技術や知見、ノウハウを継承し、現在まで大きく発展してきました。しかしながら、前述のとおり、少子高齢化により深刻な人手不足もあり、今までどおりの製造現場では人が足りず、生産が間に合わない、顧客ニーズにこたえることができない、といった将来が予測されています。そこで不足している人材の生産性を補うために、業務改革を行い、効率化の必要性が迫られています。製造現場をいかに効率よくしていくか、生産性を向上するために働き方をどのように変えていくか、多様な課題を解決するために、デジタルの技術を駆使したDX推進が求められています。

スマートグラスとは

スマートグラス

工場内における生産性向上、働き方改革を目的としたDX化の取り組みとして、スマートグラスの活用が挙げられます。スマートグラスとは、メガネのような形状をしており、メガネと同様に目に装着して使用するウェアラブル機器(デバイス)の一つです。実際に見ている光景に様々な情報を加えてレンズ越しに見ることができます。また、ARメガネともいわれています。このスマートグラスを装着することで、視界を確保しながら両手での作業が可能となり、工場内での活用は大きな効果が得られるとして、様々な企業で導入が進んでいます。このスマートグラスを用いた工場での具体的な活用方法について、具体的に見ていきます。

スマートグラスの活用方法

遠隔作業サポート

DX化の取り組みとして工場、製造現場での導入が進んでいるのが、スマートグラスを活用した遠隔作業サポートソリューションです。これは、ネットワークを用いて作業者と指示者をつなぎ、現場にいる作業者に対して、離れた場所にいる指示者が製造に関するサポートをリアルタイムで実現することができます。_

導入・活用の効果

例えば、現場の作業者は熟練者の指示をもとに作業を実施するため、経験が浅くとも対応することが可能です。そのため、属人的になっていた製造作業に対しても、熟練者が多数の作業者に指示することができるため、現場側のナレッジ蓄積が早く進み、人材の育成にも貢献します。結果として、技術承継の課題に対して、効果をもたらすことができるともいわれております。

また、熟練者は都度現場へ出向き、直接工場内で作業者への指示が不要となるため、熟練者の移動時間を含めた拘束時間を削減することができます。そうして削減した時間は別の作業へシフトし、より付加価値の高い業務を行うことができます。その他の効果としては、製品の品質担保にも有効です。熟練者である指示者の指示により作業を行うため、一定の品質かつ高品質での製造が可能となります。製品の品質を高めることができれば顧客の満足度向上につながり、さらなる売上が見込めます。つまり、コストは減らし、売上を増やすことが可能になることが遠隔作業サポートの大きな導入効果であると思われます。

スマートグラス活用の注意点

一つ、スマートグラスの活用における注意点を挙げるとするのであれば、ネットワークについてです。近年ではあまり見受けることが少なくなりましたが、工場のネットワークについては、整備されておらず、後回しにしている企業が多々あります。なぜならば、本社機能と工場機能は個別最適化されているケースがあり、工場は工場内で効率化、本社は本社内で効率化しています。工場の効率化を求めた結果、納期遵守に向けた製造ラインの改善や不良品率削減に向けた品質の向上などが進んで対応されており、ネットワークの整備については優先度が低くなっている場合が多いです。
スマートグラスのみならず、DX化を推進するためには、ネットワークの問題を解消することが必要不可欠です。自社における工場ネットワークを優先的に整備し、遠隔作業サポートを活用してDX化の推進をはかるとよいと思います。

遠隔作業サポートの活用事例

SEIZONEバナー2

スマートグラスを活用した遠隔作業サポートの活用事例について、ご紹介いたします。

部品製造業者における作業指示での活用

地方工場の製造現場における保全の作業者がスマートグラスを着用し、遠く離れた場所にある本社とネットワークを介して接続をしています。本社からは現場の作業状況を映像でリアルタイムに確認することができます。作業者は本社からの指示をスマートグラスを介して聞くことで、指示に従った正しい作業を行うことが可能です。このスマートグラスはウェアラブルデバイスのため、両手を開けることができ、作業をスムーズに行うことがメリットとして、大きな効果をあげています。

食品メーカーにおけるトラブル対応時の活用

某食品メーカーでは、工場内の製造ライン等における設備のトラブル対応時にスマートグラスを活用しています。トラブル発生時は製造ラインが停止し、生産ができない状況になってしまいます。
生産が止まると、売上に直結し、大きな損失を被ることになるため、いかに素早く、迅速な復旧が非常に重要視されていました。そこで、スマートグラスを活用することにより、トラブル発生時に熟練者が現場に駆け付けることなく、遠隔での作業指示が可能になったため、早期復旧を実現する体制を構築しました。

また、スマートグラスはあらゆる面での耐久性を持っています。この食品メーカーは製造工場内の温度がマイナスになることもありますが、そのような環境下においても、スマートグラスでの遠隔作業サポートは円滑に実施することができ、安定的な利用が可能です。

まとめ

スマートグラスの活用について、ご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。新型コロナウィルスが発生し、世界的なパンデミックが起こったことで、産業および企業は大きな変革を求められました。製造業も例外ではございません。むしろ、製造業こそ、この環境変化が大きな現代において、柔軟に対応していく力をつけていくことが非常に大切です。深刻な人材不足、技術承継の困難など、どのように解決していくのか、DXをとおして、各企業が改革に向け、真剣に向き合うことが必要です。

その中で特にスマートグラスを活用することは有効なソリューションであると思います。これまでご紹介してきたように、スマートグラスを活用した遠隔作業サポートでは、工場・製造現場において、大きな作業効率性の向上、生産性の向上、そして売上の向上など、多角的なメリットを十分に持っています。工場・製造現場でのDX化に向けた課題解決ソリューションとして、スマートグラスを活用した遠隔作業サポートの導入を検討すると企業として変革できる可能性が高まると思います。

SEIZONEバナー3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.