製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

製造業でデジタルトランスフォーメーション(DX)が注目されています。しかし、世間の認識は低く、実際にDXを取り組めていない企業も多くあります。これからDXに取り組んでいくためには、データ活用やデジタル化が必要となります。

そこで、本記事では製造業DXに必須なデータ活用の方法を紹介していきます。また、製造業においてDXが注目されている理由とは、データ活用やデジタル化が必要な理由とは、データ管理の必要性なども合わせて紹介するので参考にしてください。

製造業においてDXが注目されている理由とは

SEIZONEバナー1
近年、製造業においてDXが注目されている理由を紹介します。製造業の現場では、モノを扱うことが多く実際にどの程度モノを消費して購入したのか管理が行き届いていない企業も多くあります。そこで、製造業の現場ではデータを収集し、蓄積していき状態を「見える化」することで、現場全体でデータを見ることができ、正確な分析、改善が可能となります。DXが注目されている理由を以下の3つに挙げます。

  • 人材不足の解消として活用できる
  • 生産効率の向上の実現化、最適化ができる
  • 新しい製品開発に繋げることができる

理由①人材不足の解消として活用できる

人の業務を機械に置き換えることで、「作業精度が安定する」「生産効率が上がる」「採用、育成コストが削減できる」というメリットがあります。また、機械ができることは機械に任せることで、作業現場での細かい部分で人を使うことができ、人材不足の解消が促せます。

理由②生産効率の向上の実現化、最適化ができる

機械に置き換えることで、製造現場の自動化が実現することが可能となり、生産効率の維持、向上ができます。また、製造現場で収集したデータを活用することで、利益に直接関わる部分を最適化することができます。

理由③新しい製品開発に繋げることができる

理由①、②から、人材確保や時間に余裕ができます。その余裕ができた人材や時間などを使って、新しい製品の開発や品質向上へのコスト、時間にかけることが可能となります。

データ活用やデジタル化が必要な理由とは

ビルとデータ

データ活用の目的は、現在の製造業界では実態・課題は多くあります。これらを解消するためにデータ活用やデジタル化が必要となります。データ活用の目的や、活用をすることがで自社の価値を高めることができます。まずは、現在の実態・課題について、その課題を解消するためにデータ活用やデジタル化が必要性やデータ活用の目的、あらゆる用途で活用できる例を紹介します。

現在の製造業の実態・課題とは

現在の製造業においての課題は大きくわけて2つあります。まずは「人手不足」ということです。少子高齢化が進んでいる現在、人手不足の影響を大きく人材が集まりません。次に「技術継承が困難である」ということです。人手不足であることや、熟練者の技術を若手へ正確に確実に引き継いでいくことができていないため、その技術の継承が困難になっています。

その理由は、技術の引き継ぎの方法がマニュアルなどがデジタル化されておらず、一般的に口頭での直接指導となっているからです。口頭での直接指導で引き継ぎを行うことも大切ではありますが、基本的な部分などをデジタル化することで技術継承が困難である課題を解消することができます。

データ活用の目的とは何か

データ活用の目的は、蓄積されたデータを使って最新技術によって分析することで、継続的に業務改善を図ることができ、さらに生産性を向上することができるということです。これにより、課題である「人材不足」や「技術継承が困難」などの課題が解決に繋がります。データ活用の目的は「現時点での課題を解決へ繋げるための方法」にあります。

データ活用の用途とは何か

データを活用するために製造現場のデータ収集を行い、データの蓄積が必要となります。そして、蓄積されたデータを分析し、あらゆる用途で活用できます。以下に活用例を5つ挙げます。

  • 製造現場での日々の実績データを蓄積していき、そのデータを基に改善を行うことができます。これによって、生産性の向上を図ることができます。
  • 蓄積したデータより、設備の稼働データの分析をすることで事前に予兆などの検知をすることができるようになります。その結果、ライン停止などを事前に防ぐことができます。
  • 過去の製品データや顧客のニーズなどの情報を取り纏めていき、分析することによって、製品開発へ活用することができます。
  • 顧客の使用状況などのモニタリングした情報を蓄積していき、分析することによって、それぞれの製品に対しての情報を把握することができます。その結果、アフターサービスなどを充実させることができます。
  • 過去の受発注データを蓄積していき、このデータを基に分析することによって、需要変動などの予測をすることができます。その結果、生産管理を最適化することができる。

このように製造現場でデータを収集して分析したデータによって、あらゆる用途で活用することができ、その結果自社の成長を高めることに繋がります。

データ管理の必要性

製造業DXでのデータ活用

データ活用やデジタル化が必須であることを紹介しましたが、これらを活用するためにはデータ管理が必要です。データを蓄積して、生産性の向上や製品開発などに生かしていくために正確に確実にデータを活用する必要があります。データ管理では以下の2つのことを求められます。これらを構築・運用することで効率的にデータを活用することができます。

①データを効率的に管理できる仕組みを構築すること

データをデジタル化しツールを使って管理するだけでなく、データの「見える化」やデータを使う上でのルール化をするなど膨大なデータ量でも適切な処理ができる仕組みを構築します。このような仕組みを構築することでデータを効率的に管理でき、その結果、データをうまく活用できるようになります。

②データをいつでも使える状態にする

データをいつでも活用できる状態にして、データの所在が明確になっており、把握しやすくすることや品質を満たしている必要があります。また、データを分析して各データの意味を明確にしておくことが重要です。データ管理が正しくされていないと、データ活用がうまく利用できなかったり、データの保護などができないことになるので、データ管理の必要性は重要なことです。

まとめ:製造業DXにはデータ分析を正しく行い、データ活用やデジタル化が必要である

データ活用というのは、製造現場などでのデータ収集や蓄積されたデータを使うことで、継続的に製造現場での業務の効率化や生産性の向上などによって業務改善が可能になります。単純にデータを収集して蓄積するだけではなく、そのデータを正しく分析を繰り返し行うことで、生産性を向上させることができることが分かったのではないでしょうか。製造業の現場ではあらゆるデータが多くあります。

多くのデータを効率よくデータ管理して、データ活用することで現在の課題の解消へ繋げることができ、過去のデータから結果を予想することができ、さらにその先の答えなどを導くことができる可能性もあります。製造業の膨大なデータをまずデータ収集して、蓄積をおこない、正しく分析を行いデータ管理していくことで上手くデータ活用することへ繋がり、製造現場全体の向上、最適化などを図ることが可能となります。

SEIZONEバナー3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.