製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

近年、よく聞く「クラウド」という言葉ですが「聞いたことはあるけど、説明できない…」という方が多いのではないでしょうか。この記事では、そんな方たちに向けてクラウドという言葉の意味やクラウドの仕組み、クラウド化が進むことによるメリットなどを紹介していきます。

クラウドとは

SEIZONEバナー1
クラウドとは、離れた場所にあるサーバーなどからネットワークを介してユーザーにサービスを提供する形態のことを指します。クラウドは、英語で「雲」を表す単語です。なぜ、雲なのかというと、デバイスが接続している先にあるネットワークはイメージできないほど大変複雑で、まるで雲のように中身を知ることができないためクラウドという名前がついています。新しい文化などが始まろうとする転換期のIT業界では、ネットワークを雲で表すことが一般的であり、雲の中に隠れたリソースを利用する形態が、現在の呼び名に繋がったと言われています。

クラウドの仕組み

クラウドの仕組みは、サービスの枠組みと言えるものです。クラウドは、オンライン上から契約者のデバイスへとサービスが提供される仕組みです。IDやパスワードによる認証制にすることで個々のユーザーの識別が可能になるため、ユーザーが機器を設置していなくてもサービスを利用することができます。無数にあるサービスをアプリケーションやURLによって識別し、ユーザーが支障もなくサービスを利用できる仕組みが構築されています。

オンプレミスとクラウドの違い

オンプレミスとクラウドの大きな違いは、サーバーです。オンプレミスは物理的なサーバーであり、自社内にサーバーを設置し、システムを自社で構築する仕組みです。一方、クラウドは、サーバーをインターネット上の仮想空間で保有し、システム構築もインターネット上の仮想空間で行います。

クラウドの種類

クラウドには、大きく分けて3つの種類があります。種類によってサービスの内容が異なります。種類の違いをしっかり理解して、最適なサービスを活用できるようにしましょう。

SaaS

Software as a Serviceの略称で、「サース」と読みます。元々ソフトウェアとしてパッケージ化されて販売していたものを、インターネット上で利用できるサービスです。クラウド上でデータを編集したり共有できる多くのサービスはSaaSに当たります。各デバイスからログインが可能なこと、データの保存がクラウド上で簡単にできることなどから、異なる場所にいるグループが共同で作業するときや資料を共有する際によく使われています。

PaaS

Platform as a Serviceの略称で、「パース」と読みます。オンライン上に開発環境を用意し、利用することができるサービスの全般がPaaSに当たります。開発環境を自社で用意する必要がなく開発することができ、サービスのほとんどは使った分しか料金がかからないことなどから導入しやすいです。

IaaS

Infrastructure as a Service の略称で、「イアース」と読みます。オンライン上に仮想マシンを作成して利用するタイプのサービスが当たります。自由度が高く、低コストでマシンのCPUやメモリなどを好きに設定する事ができるということで、情報システムなどに関わるエンジニアに人気ですが、一般のユーザーが利用することはほとんどありません。

クラウド化のメリット

メリット

クラウドについて紹介してきましたが、「クラウド化することで何が変わるの?」と疑問に思っている方も多いと思います。クラウド化することの6つのメリットについてわかりやすく紹介していきます。

コストが抑えられる

クラウドを導入すると、サーバー・周辺機器の購入費用やシステム構築などの初期費用が不要になるため、コストを抑えることができます。また、維持費、人件費も減らすことができます。

時間や場所に縛られずに利用できる

PCやスマートフォンなどの端末と、インターネット環境があれば、離れた場所にいる相手との共同作業も可能になるため、作業効率が高まります。リモートワークや在宅勤務にも大きく貢献していくことでしょう。

運用管理の負担が減る

クラウドでは、ソフトウェアのインストールやアプリケーションのアップデート作業などは、クラウドサービス提供事業者側で実施します。データやバックアップ作業も必要ないため、システム運用の負担軽減につながります。

導入後すぐに始めることができる

既に完成されているサービスを利用することになるため、導入後すぐに始めることができます。社内のシステム環境を迅速に整えることができるのは大きなメリットです。

データの共有が簡単

インターネット環境があれば、PCやスマートフォンからサーバにアクセスし、コンテンツやファイルを簡単に共有することができます。

容量の拡張が簡単にできる

クラウドでは、契約内容を変えるだけで、簡単に容量を拡張することができます。支払額は増えますが、オンプレミスと比べると少ないコストで行うことができます。

製造業でクラウドの利用が増えている理由

SaaSやクラウド

最近、製造業DXが重要視され、特に製造業でのクラウドの導入が増えています。ここでは、先述したクラウドのメリットに加えて、製造現場でクラウドを利用するメリットについても解説します。

外部のデータ収集ができる

クラウドを利用することで、社内インターネットに接続していない協力会社などのデータ収集も可能になります。幅広くデータ収集できるため、データの質も向上すると考えられます。

過去のデータも適切なタイミングで取り出せる

クラウドは、必要に応じて容量の増減ができるほか、端末やネットワークに関係なくサービスを利用できるため、データの分散といったことが起こりません。必要なデータは即座に見つけ出すことが可能です。

セキュリティ面について

クラウドのメリットについては理解できましたが、セキュリティ面ではどうなのでしょうか。実際、クラウド導入をためらう理由として、セキュリティ面が不安だという意見が多いです。ここでは、クラウドのセキュリティ面における課題と、安全にクラウドサービスを利用するためのポイントについて解説していきます。

セキュリティ面における課題

どのような課題があるのか、大きく3つに分けて解説していきます。

課題1.不正アクセスや不正ログイン

IDやパスワードを第三者に知られてしまうと、不正にアクセスされる可能性があります。他にも、ウイルスやマルウェア、悪意のある攻撃などリスクは様々です。クラウドサービスを導入する場合は、不正アクセスや不正ログイン対策を行っている業者を選択したうえで、ユーザー側も対策に取り組む必要があります。

課題2.データ消失リスク

サービスの提供元やシステムのメンテナンスを行っているベンダー側で障害や不具合が発生した場合、保存しているデータが消失してしまう可能性があります。また、ユーザー側の操作ミスによってデータが消失してしまう事もあります。「万が一データが消失してしまった時に復旧できるのか」「そもそも操作ミス防止のインターフェース設計がされているか」ということも調べてから、サービスを選ぶことも大事です。

課題3.従業員のセキュリティ意識

セキュリティ対策の重要性を従業員に伝えたうえで、ログイン情報を流出させないように情報管理のルールを決めたり、定期的にパスワードを変更させたりすることも重要です。

安全性が高いクラウドサービスの選び方

安全性の高いクラウドサービスを選ぶためには、重要視するべきポイントがあります。総務省が実際に掲げている「クラウドサービス事業者が行うべき主要な情報セキュリティ対策」についてご紹介します。サービス業者を選ぶ際には以下のポイントを参考にしてみてください。

クラウドサービス事業者が行うべき主要な情報セキュリティ対策

  • データセンターや物理的な情報セキュリティ対策(災害対策や侵入対策など)
  • データのバックアップ
  • ハードウェア機器の障害対策
  • 仮想サーバなどのホスト側のOS,ソフトウェア、アプリケーションにおける脆弱性の判定と対策
  • 不正アクセスの防止
  • アクセスログの管理
  • 通信の暗号化の有無

(引用:https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/business/admin/15.html

これらを事業者との契約内容や規約で確認して、十分な情報セキュリティ対策を行っている事業者やサービスを選定することをおすすめします。

まとめ

社内のシステムをクラウド化すると、働く場所を問わずに必要なデータにアクセスできるため、業務の効率が高まります。また、初期費用が抑えられることも大きな魅力です。セキュリティ面にも配慮したうえで、安全性が高いクラウドサービスを導入しましょう。

SEIZONEバナー3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.