製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

製造業では現場ごとでデータを収集している所が多く、データ量が膨大なため、必要な情報をまとめる事が困難な場合があります。適正在庫量の把握、品質や生産管理など把握しているつもりでも、しっかり理解している管理者は少ないと思います。

その理由は、データを参考にしてしっかり分析ができていないからではないでしょうか。ただでさえ膨大なデータを参考にするのは気が遠くなる作業です。そこで、今注目を集めているのが「BIツール」を活用した運用方法です。今は、製造業DXの取り組みが積極的に行われていますが、このBIツールの活用もその一つです。 今回はBIツールとは何か。導入によって企業はどのように変わるのか、導入事例を交えて紹介します。

BIツールとは

SEIZONEバナー1

BIツール(BIシステム、ビジネス・インテリジェンス・ツール、英語: Business Intelligence tools)とは、ビジネスインテリジェンスに用いられる道具(ツール)の総称である。 ビジネスインテリジェンスとはビジネスに関するインテリジェンス、すなわち事業上の意思決定に用いられる知見およびそのためのデータ収集・分析・配布を意味する。 BIツールはこのビジネスインテリジェンスを支える道具の総称である。ExcelなどもBIツールとして用いられる。 データ整形、クロス集計などの操作をより効率的に行え、判断へ至る分析および資料作成の労力を大きく低減させることを唄った製品も多い。 ツールを用いた系統だった解析によりリアルタイムの情報収集・分析・経営判断が可能になる。

引用:Wikipedia|BIツール

データの収集以外にも、データからの分析などを通して、意思決定を補助するツールとなっています。様々な用途がありますが、特にコスト削減に繋がる要素が強く、製造業の現場においては導入する事で大きな成果を期待できます。

導入する事で何が変わるのか

考える女性

先ほどコスト削減が重要と伝えましたが、闇雲に金額を抑えるだけではなく、今後の経営につなげる事が大事です。具体的にどのような変化があるのか解説していきます。

在庫管理の徹底

製品を作るうえで欠かせないのが、原材料の仕入れですが、その仕入れ量以外にも運搬コストや保管しておく倉庫の維持、過剰在庫にならないように仕入れをしていく必要があります。従来は「今までの経験からこれくらい」「値段が安いから先に大量に仕入れておこう」など基本的に人の考えが中心で仕入れを行っていたと思います。しかし、常に値段は変動します。気候の問題や今では新型コロナウイルス蔓延によって、今まで売れた製品が売れなくなるなんて事も十分考えられます。

そのような場合に、今までの勘だけで仕入れを行うと、間違いなく過剰在庫など余計な経費が掛かる事につながります。BIツールを使用する事で、このような在庫管理が「見える化」する事ができます。その上でデータをしっかり分析して、適正な仕入れ、在庫管理をする事ができます。このようなデータを示す事ができると、上層部の人への意見も通しやすいです。このような理由でこのような仕入れをしてこのような在庫量を維持すると明確にする事でコスト削減に貢献していきます。

人件費の削減

最近暇になってきたから、とりあえず使えない作業者を切って…などその時の状況を軽視して判断する事は非常に危険です。本当に必要な時に人員を確保できない場合、生産性に関わってきます。そこで、今の生産量に対して適正な人員かどうか分析する必要があります。人を減らして生産性にどのような影響があるのか、作業効率を改善できる箇所はないか確認して人員を配置していきます。

作業効率が上がれば、その分他の部署での作業に割り当てたり必然的にコスト削減につながります。人件費を削減するにしても色んな観点からデータを解析して適切な判断をする事が大事です。

製造ラインの不具合把握

生産する上で欠かせないのが、生産ラインの維持です。日々作業者が点検などを通して異常がないか確認していると思います。しかし、長年使用してきた設備はいつ不具合を発生するか予測不可能です。人の目で点検するにしても限界があります。せっかく軌道に乗りかけてきたのに、急なトラブルで生産停止になると業績に大きく関わってきます。

BIツールを使用する事で、設備のデータも収集し適切な整備時期を算出する事が可能となります。今までは作業者の経験から「この程度ならまだ大丈夫」と部品の交換や整備をしない事も今まではあったと思いますが、適正な整備を行う事で常に安定した生産ラインの確立につながります。必要以上の整備で余計な費用が掛かると思うかもしれませんが、急な生産停止と比較すると圧倒的にコスト削減となります。

事務用品の節約

今まで点検記録などのデータを紙に書いてファイルに保存などしていた場合、BIツールを使用する事でそれらの費用は抑える事ができます。あまり使用していない部屋の照明を減らす事も経費削減につながります。白熱電球をLEDに変更するなど小さなことでも長い目で見ると大きな金額になります。BIツールを使用する事で、生産に関わる事以外の部分も分析に使用する事が可能です。今まで見落としてきた細かい所から少しずつ変化を加えていく事で、年間にすると大幅なコスト削減に貢献していきます。

BIツールの導入事例

紹介

製造業でBIツールを導入した事例を紹介します。どのようなメリットがあるか確認してみて下さい。

ベテラン作業者に依存しなくても判断できる

今まではベテラン作業者が指揮をとって、生産調整や仕入れなどを行ってきましたが、どうしてもベテラン作業者に依存してしまい、分からない事があればその作業者頼みになっている現状がありました。体調不良や急な用事で休まれると、他の作業者では適正な判断ができないので、最悪現場が止まる事もありました。BIツールを活用するようになり、様々なデータが視覚化できるようになりました。その結果誰でも客観的に適正な判断ができるようになりました。

今では、ベテラン作業者以外が積極的に生産調整を行い、他の作業者にも責任感ある仕事を任せられるようになり、作業者のモチベーションアップにもつながってきました。

他部署との連携

急な注文が入り、通常の生産ベースでは製品の納期が間に合わず、急遽残業や休日出勤などで対応して生産を行い納期に合わせるような場合があり、作業者に負担を掛けていました。そのような時にBIツールでのデータ見える化の実現によって、他部署でも状況を把握する事ができるようになり、自社の他の工場での生産で調整する事が可能となりました。これにより無理のない生産性を確保できたので、企業全体としては作業効率の向上につながりました。

リアルタイムでデータ確認し改善活動につなげる

タブレットなどの端末を使用し、リアルタイムで現場の状況を共有する事ができるので、企業全体でトラブル発生など今何が起きているのかを把握する事ができるようになります。今までの改善提案は作業者が感じた改善箇所について対策を行う場合が大半だったと思いますが、このBIツールを活用したデータの共有によって、その場で改善案を提案する事が可能となりました。普段気付かないような所もデータの見える化によっていつでも対応できるので、未然に大きなトラブルを防ぐことにつながり、作業効率の向上に貢献しています。

世界間でのデータの共有

グローバル化が進む今の現代社会ですが、製造業も次々に世界に進出しています。日本の現場で起きている状況を世界に向けて発信する事で、世界間でのデータのやり取りが可能となりました。また、時差を考慮したツールの活用により、よりリアルタイムに情報を伝える事ができます。逆に世界企業の情報も取得できるので、自社の発展にも大きく貢献していきます。

まとめ

BIツールを活用の活用事例はまだまだ数多くあります。様々な活用方法があり、今後も活躍していくでしょう。製造業DXでの取り組みを進めていきたいと考えている企業は、まずは簡単なBIツールの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

SEIZONEバナー3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.