製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

製造業においてDXへの取り組みは必要な不可欠な時代に差し掛かっています。製造業DXの中でAIやIoTの先進技術の取り入れが着目される中、ネットワーク環境の整備も非常に重要な要素の1つです。この記事では、近年注目されている5Gとローカル5Gについて詳しく比較・解説していきます。

5Gおよびローカル5Gとは?

5gへの移行

5Gとは「第5世代移動通信システム」の事で、5th Generationの頭文字です。最近まで主流だった4Gと比較すると、通信速度は10~20倍、遅延は0.1倍、デバイス接続可能数は約10倍というポテンシャルを持っています。

ここで単に5Gといった場合には全国展開の通信ネットワークの事を指しますが、ローカル5Gとは事業者や企業が総務省に申請を行うことで使用可能になる独自ネットワーク環境の事です。申し込みをして承認されれば、個別に周波数を与えられて完全に独立した5Gのネットワーク環境を使用することができるのです。

近年は多くの企業がローカル5Gに着目し、DXの推進を行っていく為の体制を整えています。これまでのネットワーク環境よりも高速な5Gでは携帯電話やスマートフォンだけでなく、大型機械やシステムなどと接続したIoTへの活用が特に注目すべきポイントとなっています。

製造業DXで見落としがちなネットワーク環境

通信環境整備

製造業DXへの取り組みを進めている企業は近年では急激に増加しています。しかしそのような中で、高度なIT技術などには注力するものの、ネットワーク環境への対策が甘いケースが多く見られます。

DXではクラウドの活用や、監視の自動化、見える化などの比較的行いやすい改革においても、インターネット環境を整えることは重要です。ましてや、高度なAIやIoTを用いたDXではインターネット環境が充分に整備されていなければ、そのポテンシャルを発揮できずに宝の持ち腐れになってしまいます。近年では特に動作環境としても高速な通信技術を必要とするシステムが多いので、企業がシステムや設備を導入しIoTを活用していく際には、インターネット環境が適切なものなのかを考えていく必要があります。

例えば、設備に対してインターネット環境のレベルが不足している場合として、複数の人間が同時に重たいデータやり取りをした際などに動作が固まってしまうことや、エラーを起こすこと、最悪システムがダウンしてしまうことになり得ます。本来は業務効率の向上や最適化を目指して導入したシステムでも、そのような事態が起きると逆に業務の効率が落ちてしまいます。そしてその結果DXへの取り組みが停滞してしまうといったようなこともあります。

このような失敗を防ぐ意味で、ローカル5Gのような高速のネットワーク環境の整備は非常に大きな意味を持つのです。

製造業に5Gがもたらすメリット

メリット

製造業DXが進むにつれて必然的にインターネット環境の整備が必要なことは分かったかと思います。それでは、現代において最高性能の通信速度をもつ5Gは製造業にどのような恩恵をもたらすのでしょうか。

大量のデータの処理が高速かつ容易

高速通信が可能な5Gのメリットとしてまず挙げられるのが大量のデータ処理です。情報量が増えた現代では、多くの企業が紙媒体から電子データへの移行を行う「ペーパーレス化」に取り組んでいます。つまり必然的にデータを扱う量が増えているという事です。

またデータ量の増加と共に、データの質も高まっています。データの質が高いという事は言い換えればデータが重いという事ですので、当然通信の速度は高速化が求められます。

そのほかにもAIの機械学習やビッグデータなど、IT技術の発達によっても大量のデータを扱っていく機会は多く、今後も増えていきます。そのため大量のデータを十分に扱えるだけの通信環境としてローカル5Gを社内で整備することは、大きなメリットをもたらします。

リアルタイムで「見える化」やリモート操作などが可能

SEIZONEバナー2
働き方が大きく変わっていく現代では、「見える化」に取り組む企業は多いです。見える化が実現できれば、多くの従業員があらゆる情報にアクセスする際の時間や手間などのストレスを無くすことでき、かつ正確な情報を得ることが可能です。

しかし、それには必然的に多くのアクセスとその処理に耐えるだけのインターネット環境が必要です。さらに、リアルタイムで行うリモート監視システムや、ビデオ通話のように通信量が大きく重い仕事も難なくこなすためには十分に高速なネットワーク環境が必要です。そしてそれらを実現する環境として5Gが最適なのです。

逆に言えば、「見える化」などで3D CADのような特に重いデータを扱い、かつリモート会議を行うような場面では、インターネット環境の十分な整備がなされていなければ、非常にストレスが多く不自由な状況になってしまうという事です。

このことからも5Gの導入メリットは大きいと言えます。

IoTを本格活用し工場自動化

大量のデータを扱い、リアルタイムで高度な処理が可能な環境が整備できれば、モノとインターネットを接続するIoT技術を活用したFA(ファクトリーオートメーション)の運用が可能になります。

FAでは多くの、またはすべての仕事が人間からロボットに委託されるため、常にリアルタイムで大量のデータの高度な処理が要求されます。その運用やデータの取り扱いのためには、インターネット環境も相対的に高度であることが求められます。FAの規模が大きい程それは顕著になりますので、多くの弊害を排除していくという意味でもインターネット環境を整えることは重要です。

規模が大きな設備では、大量の機械設備を同時接続し処理を行うこともありますが、5G環境を整えることで、それらを円滑に制御できます。スマートファクトリーの実現に向けてはAIやIoTのようなIT技術を駆使していくことが必須です。したがって相対的かつ必然的にインターネット環境も向上していくことが求められます。

製造業に5Gを導入する課題

課題を抱える製造業男性

ここまでメリットを述べてきた5Gについてですが、製造業でローカル5Gの環境を導入する際の課題についても触れていきます。

導入の初期費用が高い

ローカル5G導入の最大の課題はやはりコスト面です。5Gの基地局の設備導入には1千万円以上のコストを要する場合が多く、Wi-Fi6などの導入費用と比較して高額です。製造業DXの取り組みが進み始めているとは言え、現状はほとんどの企業が5Gでないと対応できないといったような高度な設備はまだ有しておらず、導入に踏み切れないケースが多いです。

実際に、Wi-Fi環境も高度になり良くなっている昨今では、通常業務でインターネット環境にストレスを感じていない従業員が多いようです。しかし、それでも製造業DXをより高めていけばより高速な5G環境は必要になってきます。今後の導入に際しては企業として大きな投資に踏み出す勇気が必要です。

現状のシステムからの移行が難しい

ネットワーク環境が変化をするとなると、現在使用しているシステムからの移行が必要になりますが、このことがネックになっている企業は多いです。

理由の1つはシステムの移行に対する不安です。大型のシステム移行を検討する場合、入念な計画と準備が必要です。万が一にも、移行に際してのミスによる情報漏洩やデータ紛失は起こしてはならない為、企業としてもシステムの変化は避けたいというのが本音です。

もう一つの理由は、移行するタイミングが図れないという理由が多いです。企業の中で、すべての部署が同時に空き時間を作るという事は非常に難しいことです。また仕事をしていると、システムの移行によってこれまでの習慣が変わることはストレスです。インターネット環境の変化によるシステム移行では多くの従業員の意思の統一と団結が求められるのです。

まとめ ~製造業と5Gの導入~

今後、製造業DXの取り組みは加速していきますし、どの企業にもそのような姿勢が必要です。そのような中で、ネットワーク環境の整備にも目を向けることが重要で、準備・対策を施していく必要があります。多くの企業がネットワーク環境の見直しを行う時期はやがて訪れます。しかし今回の記事を読み、いち早くその重要性に気づけた方々は、一足先に5G及びローカル5Gの導入を検討してみてはいかがでしょうか。
seizone-article3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.