製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

製造業DX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みとして欠かせないのが、ITを導入した製造工程の確立です。世界と比較した場合、日本はIT技術に遅れをとっていると言われています。

また、製造業では様々な悩みを抱えています。特に大きな悩みとして「経費削減」「人員不足」「品質管理」の3点にスポットを当てて、IT化によってどのように解消されていくのか、具体的に解説していきます。

ペーパーレス化による経費削減

経費削減
紙の使用を極力減らしていく、または一切使用しない試みをペーパーレスといいます。

製造業の現場では、毎日様々なデータが残されています。それらを毎回紙に記帳や印刷などして保存をする従来のやり方では大変な労力と時間が掛かります。

紙のままで記録が管理されていると、必要な情報を探す時に棚や段ボールなどからファイルなどを探し出さなければなりません。書類を全てファイルに収めたり、更新時期に古い物を一つ一つ廃棄したりと、管理するだけでも労力と時間が掛かってしまい、効率が非常に悪いです。

それらの記録をIT化し、データとして保存することによって紙のコストの削減に繋がります。また、ファイルや棚などを別途用意しなくても良くなるので、保存場所の確保にもなります。

IT化する事によって生産性の向上やセキュリティー強化にもなり、資源を無駄にしないので環境への配慮にも繋がります。

他には、会議などに参加者に配る資料を人数分印刷すると、会議がある度に紙代や印刷にかかる電気代なども掛かります。

純粋に電気代節約にも繋がり、プリンターのメンテナンスや故障した場合の修理の手間を無くす事が出来ます。資料を別部署などに郵送する費用や、ファックスする通信費もデータを転送するだけで済みます。

これらの記録が電子化されていれば、保存されているデータを全て検索する事が出来るので、取引先や出先などから即座に必要なデータを確認することが出来ます。

紙の記録を全て電子化すれば長期的に保管も可能となります。紙のままだと紙自体の劣化や書類の盗難、火事による消失などで紛失してしまうと取り返しの付かない状態になります。

それらを電子化することによりデータ化された物をクラウドなどの保存媒体に保存しておけば、仮にパソコンが故障したり、盗難にあったりしたとしても瞬時に復元することが出来ます。

今はペーパーレス会議と呼ばれる会議が注目を集めています。会社内で共有出来るネットワークなどを作り、そこへ各社員がパソコンやタブレットなどを使用してアクセスします。

これにより、会議資料を印刷することなく全員と共有する事が出来るようになります。また、会議資料に万が一間違いなどがあっても、すぐに修正する事が出来ます。一度大量に、印刷してから間違いに気づく…なんて経験はないでしょうか。

過去の会議資料の閲覧も容易に出来るため、議事録作成なども全てパソコン内で行う事が出来ます。資材を購入する際の見積もり、注文書や納品書作成などの作業が一括で行う事が出来ます。

これまではそれらの業務に掛かっていた時間も、ペーパーレス化する事により、大幅に削減できるのです。すなわち大きな経費削減に貢献します。

人材不足の解消

人材不足
少子高齢化などの影響により、国内の人手不足はますます深刻化していますが、特に製造業ではその影響が大きいです。求人の募集をかけても、必要な人員を確保できない場合が多いです。

製造業のイメージとして良く言われるのが、3Kと呼ばれる「きつい」「汚い」「危険」といったマイナスイメージがあり敬遠されやすいと言われています。その為、少しでも労働環境の良い職種に人が流れていると言われています。

製造業の現場では、交代勤務を組み24時間稼働している工場も多いです。日勤からそのまま夜勤に入るなど、勤務の入り方によっては体力的にキツいと感じる方もいます。また、粉塵が舞っている現場での塵肺の危険性、薬品による臭いがキツいと感じる方もいるでしょう。

災害が頻発しているような危険な作業が多い現場など、工場による違いはありますが、悪いイメージが先行している事で、余計に人材が集まりにくくなっています。さらに、団塊の世代が大量退職した状況の中、次の世代に繋がる人材がしっかり育っていない事なども、人手不足に繋がっています。

これらの問題において、ITを活用したAIによる生産ラインの導入をする事により、導入費用などのコストが掛かりますが、従来より少ない人数で業務を賄えるようになります。

作業を代わりに行い、工場全体の監視が出来る事で大幅な人員削減にも繋がります。危険な箇所の点検などもドローンなどを活用する事により、災害を減らす事になり、人の目では見れなかった箇所まで点検する事が出来るので、思わぬトラブルを未然に防ぐ事が出来ます。

汚れ作業や肉体的にキツい作業なども、作業者が嫌がるような仕事も人工知能を備えたAIが代わりに行う事で、労働者の負担軽減となります。

これらの3Kと感じる作業をIT化する事により大幅に改善されます。人員削減にも繋がりますが、職場環境が良くなれば、自ずと新たな雇用確保にも繋がります。

品質管理

品質管理
品質管理とは、製品の生産工程において品質を管理する業務を言い、顧客満足度に大きく関わってきます。製造業の品質管理には多数の項目がありますが、その中でも重要なものが「工程管理」「品質検証」「品質改善」の3つです。

まず「工程管理」は、製造過程の進捗状況を管理します。「品質検証」は、その名の通り製品の品質を検証する業務です。「品質改善」は、基準を満たしていない不適合品や不良品などを繰り返さない為に生産工程を見直す業務を指します。この工程管理・品質検証・品質改善という3つの品質管理を重点的に取り組む事は、製品のクオリティ向上及び顧客満足度に大きく影響します。

製造業において、製品の品質管理の徹底は企業の価値に繋がる大切な要素となります。企業にとって、品質管理を常に行い続ける事は、企業の発展や競争に対して必須の項目と言えます。

現状の問題として、人員不足による業務の偏りなどの影響で、作業者1人当たり多くの管理業務をしなければいけない状況にあると言えます。

1人で多くの管理をすると、精度が落ちる可能性があります。それは、長い目で見た場合、知らず知らずのうちに企業の価値を下げる事や顧客離れに繋がります。

ITを導入する事により、膨大なデータを一括で管理する事が出来るので、様々な業務の効率化や自動化する事になります。また、人が管理するよりも格段に精度が高くなり、より良い品質管理をする事が出来ます。精度が上がれば不良などを未然に防ぐ事が出来るので、コスト削減にも繋がり、相乗的にメリットが大きいと言えます。

まとめ

製造業DX実現の為に、IT化への取り組みは欠かせないものになっています。今回紹介した「経費削減」「人員不足」「品質管理」でのメリット以外にも多くのメリットがあります。

しかし、導入コストが掛かる、IT人材がいないなどの課題も残されています。実際、IT化の取り組みを行っている製造業は日本ではごく少数だと言われています。

IT化の実現は企業において今後の生き残りと大きな躍進に繋がる取り組みなので、企業全体が一丸となって前向きに検討していくことが大切です。
seizone-article3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.