製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

企業が業績を伸ばしたり、会社を成長させていく際に重要となる指標に「KPI」があります。製造業においても、KPIは非常に重要な要素で、これを正しく設定し、活用することが求められています。

本記事では「KPI」とは何か、そして製造業ではどのように活用しているのかを具体的に解説していきます。

「KPI」とはなにか

kpi

KPIはKey Performance Indicatorの頭文字であり、翻訳すると「重要業務評価指標」となります。つまり、企業の業務目標を達成する「過程における評価」の指標のことです。

似た用語として「KGI」がありますが、こちらはKey Goal Indicatorのことで「重要目標達成指標」を意味します。KGIは過程ではなく最終的な結果を評価するための指標です。

どのような企業も営業成績や研究成果など、様々な形で目標の設定を行いますが、その目標に対しての進捗や達成度合い、または目標と結果の不一致度合いなどを判断する必要があります。KPIはそれを判定する定量的な指標なのです。

KPIによって成果・進捗などを正しく判断することが出来なければ、企業は目標までの方向性が正しいのか、タイムスケジュールは間違っていないか、必要なプロセスを踏めているのかなどが判断できない状態に陥ってしまいます。どの企業においても目標までの道のりで、達成度合いを正しく判断することは非常に重要なのです。

例えば製造業において、目標の売上金額と期限がある場合に、下記のような定量的な指標を用意して判断を行います。

  • いくらの製品が(価格)
  • 期限までが半分経過した段階で(期間)
  • どれ程の個数売れているのか(数量)
  • 残りいくつ売る必要があるのか(数量)
  • 必要な個数の製造にどれほどかかるか(期間と数量)

KPIは上記の例のように数値化できる定量的な指標です。これらの評価が企業において重要な役割を果たしているのです。

製造業でKPIを評価する重要性とは

考えるべきこと

製造業の現場では、製品の品質や生産効率の向上を目的として新しい設備の導入が行われることが頻繁にあります。また、新しい製品を開発した際には製造工程が一新されることもあります。

上記のような場合には目標を達成する「過程の評価」を正しく行い、工程が間違っていないか、正しい設備が導入できているかを判断することが重要です。たとえ結果が目標を達成していても、KPIの評価が不十分な場合には、業務のなかに存在する「むり・むだ・むら」の発見ができないからです。

また、これまで行ってきた工程や手法に対しても、その都度KPIを見直し評価をすることは重要です。これまで最良だと考えていた工程管理もKPIの評価角度を変えることで、よりよい設備や工程へと更新していくことができます。

製造業におけるKPIの評価項目とは

項目

それでは、KPIの評価項目にはどのようなものがあるのでしょうか。 製造業で重要となるKPIの要素は以下のようになります。

  • 人(=人件費)
  • 物(=原料費、部品)
  • 設備

製造業におけるKPIは上記の「人・物・設備」に関して評価を行い、生産管理を更新していくことで生産性向上や効率化を図っていくことです。注意点としては、あくまで「定量的な指標」であることです。

人(=人件費)におけるKPI

KPIが目標数値に対して満たないと判断した場合、従業員の作業管理を見直すことも重要です。

例えば、原料コストはこれまでと変化がなく、機械設備も特に不備がないと判断した場合には現場の労働力や従業員の配置などにフォーカスすると良いでしょう。定量的な指標としては以下のような項目が挙げられます。

  • 従業員の就業時間
  • 従業員1人あたりの生産個数
  • 従業員の実績申請
  • 従業員の稼働人員数

これらの評価を行うことによって、これまでの工程との差異や変更点を見出します。

注意すべき例を挙げると、足りないのが人数であると判断するのは簡単ですが人件費が増えてしまうという事があります。そこで時間の使い方の見直しや、ベテランから若手への技術伝達の効率など、どの部分を見直していくべきかを正しく判断していくことが重要なのです。

物(=原料費、部品)におけるKPI

製造業において仕入れとして出費となるのが「物」です。製造業においてはどのような分野においても材料や部品が必要になるからです。評価項目は以下のようなものが対象です。

  • 原料、部品の価格
  • 市場価格の推移
  • 仕入れ額に対する収率
  • 原料、部品の仕入れ先の比較(コスト面)
  • 原料、部品の購入量および在庫状況

原価は製造業において業績を伸ばす上で最も重要な部分と言えます。どれだけの量をどれ程の金額で仕入れるのかという目標を立てて、上記のような指標で評価を行っていくことが重要です。材料費などは製造業側がコントロールできる部分ではないのですが、KPIによる評価がしっかりと行えていれば、過不足に対応する為のアクションを素早く起こすことが可能になります。

また、在庫の保有状況などの仕入れの側面的要素にもKPIを当てはめていくことで、企業全体での「物」のコントロールが容易になります。

設備におけるKPI

製造業において、製造設備の定量的な評価は非常に重要なポイントです。評価指標の例を以下に示します。

  • 設備の稼働時間
  • 設備の生産効率(個数や量などの能力)
  • 設備への投資額と収率
  • 設備の補修額

製造業の工程管理においても重要な管理指標となるのが上記に示した項目です。これらの定量的な数値をKPIに当てはめて評価を行うことで設備に関しての改善ポイントが見えてきます。

例として、新たな設備導入を検討した場合を考えます。その際には現在の設備の稼働状況や生産効率との比較を行う必要があります。そして、現在の設備の補修と新設備への移行のどちらが良いかを判断する必要があります。コストや生産数など、KPIに基づいた目標に対しての評価を行うことで、このような難しい判断が可能になります。

製造業でKPIを上手く活用していく方法

活用方法

ここまで、KPIの重要性や評価項目を解説してきましたが、やみくもに全ての項目をKPIで評価しても効果が半減してしまいます。そこで、製造業において、どのようにKPIを設定すればよいのかを解説していきます。

1.企業の現状を把握する

最初のステップとして、自社の状況を把握することが重要です。 具体的には、目標に対して不足していると思われる人員や設備の状況などです。

例えば、人手不足の問題を抱えている企業のKPIとして、仕入れの原価を抑える為の評価と改善ばかりを行っても、根本的な問題の解決にはつながらないです。

目標に対して最も改善が必要である部分の評価を疎かにしない為にも、しっかりと現状の把握を行ってからKPIの設定を行いましょう。

2.KPIには「定量的かつ適切」な指標を当てはめる

KPIが定量的な指標であることは基本です。 しかし、数値化されていれば定量的評価になっているという誤解がしばしば起こります。

例えば、2つの設備AとBで生産工程を担っている場合に、目標に対しての製造数の評価を2台の合計数で見るだけでは不十分な場合が多いです。A、Bの各設備の評価をAとBの個別で行うことで総合的判断を行わなければ、細かい部分への評価が行えません。

上記は簡単な例ですが、製造業では工程が複雑化すればするほどKPIの設定も正確かつ適切に行う必要があります。

3.PDCAサイクルでKPIを更新していく

PDCAサイクルとはPlan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の事です。 KPIはPDCAのCheck(評価)の部分を担っています。

ここで述べたい事としては、PDCAサイクルを回していく中でKPIの指標も改善していく必要があるという事です。評価の後に改善を行うと、別の課題が見えてきます。つまりサイクルの中で評価すべき指標が変わっていくことがあるという事です。

いつまでも同じ指標で評価していても様々な変化への対応が出来ず、根本的な部分が気づかないうちに抜けてしまうことがあります。そのため、PDCAサイクルとともにKPIの見直しを行っていきましょう。

まとめ ~製造業におけるKPIの重要性~

企業の現状把握と、目標に対しての指標としてKPIは欠かすことのできない役割を果たします。KPIを適切に設定し、評価をすることで思わぬ改善点に気づくこともあります。

近年は製造業DXに取り組む企業が増えていますが、このような新たな取り組みの際にもKPIを上手く活用できれば、順調に導入が進むはずです。

本記事の内容を参考にして、ぜひ企業のKPIの使用や見直しに役立ててください。

seizone-article3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.