製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

近年では、多くの業種でDXの推進が見られ製造業もその一つになります。現在では、多くのDX推進をサポートする製品が開発され様々な業種や業界に使用されています。今回の記事では、製造業界の品質管理に焦点を当ててどのようなDXが推進されているか事例を踏まえて紹介していきます。企業ごとに合ったDX推進がありますので、各企業に合ったDXを見つけてほしいです。

Roxy AI

SEIZONEバナー1
株式会社Roxyが開発したRoxy AIは、外観品質検査AIソフトとして製造業の現場で使用されています。Roxy AIの特徴は、製品を高速に高精度に検査をすることができ作業効率を上げ、品質を担保することができます。また、AIを活用していることからパラメーターを調整することなく学習データを通じて精度を高めることができます。AIに詳しくない人でも扱うことができるので、操作も簡単で幅広い用途に使用することができます。より詳細な情報はこちらからご覧ください。

参考資料:https://roxy-ai.jp/

Proceedクラウド

株式会社東京ファクトリーが開発したProceedクラウドは、写真に撮るだけで活用されてこなかった工程写真を用いて、サプライチェーンなどを通した製造情報の見える化と製造情報をデータベース化をおこなうツールです。他部門や関係部署、外注先と製造情報や作業過程を共有することができるので、不要な出張や業務の効率化、納期遅延のリスクを低減することが可能になります。

より詳細な情報はこちらからご覧ください。

参考資料:https://proceed-cloud.com/

Infor CloudSuite Industrial

インフォアジャパン株式会社が開発したInfor CloudSuite Industrialは、素材加工業界や工業用製品に対応するB to B向けのERP製品です。製品の設計から在庫管理、受注量、生産計画、現場管理、工程管理、原価管理など様々な機能を有しています。また、在庫は追跡(トレーサビリティ)が可能なのでロットやシリアル番号の管理もすることができます。より詳細な情報はこちらからご覧ください。

参考資料:https://www.infor.com/ja-jp/products/cloudsuite-industrial

i-BELT

オムロン株式会社が開発したi-BELTは、製造業界では深刻とされている技術継承ができていない課題を解決してくれます。i-BELTのサービスは、「現場のデータから解決策を見いだせない」「現場の状況が詳細にわからないため経営課題の解決にならない」などを見える化して、現場と経営を結びつけます。経営者が現場の状況をいち早く把握することで業務の効率化や利益率に繋がります。

より詳細な情報はこちらからご覧ください。

参考資料:https://www.fa.omron.co.jp/solution/i-belt/

OZAX

オザックス株式会社が開発したOZAXは、IoT(モノのインターネット)を活用して、「生産性の向上」「コスト削減」「社員の業務改善」などを数値として表示してくれます。OZAXは、現場のIoT化にかかる初期費用を抑えて導入することができるので、IoTやデジタル化を検討している経営者には、おすすめのツールです。より詳細な情報はこちらからご覧ください。

参考資料:https://www.ozax.co.jp/

ADAP

株式会社構造計画研究所が開発したADAPは、Web上で在庫管理や各製造過程の負荷状況を数値として表示して一目で現場の状況を把握することができるシステムです。各工程の在庫や完成品だけではなく仕掛品などの作業時間も管理することができるので「どこで遅れているのか」「どこの工程にリソースを割り振ればよいのか」などを把握することができ、作業の効率化できます。

より詳細な情報はこちらからご覧ください。

参考資料:https://solution.kke.co.jp/adap/

Biz∫SCAW 製番管理システム

株式会社NTTデータ関西が開発したBiz∫SCAW 製番管理システムは、財務管理や生産管理、製番管理、人事管理などの各モジュールを統合することで部署ごとの経営状況や課題を把握することができます。また、製品の販売プロセスにおいて、一気通貫で作業を行っているので個別受注生産も迅速に顧客に提供することができます。より詳細な情報はこちらからご覧ください。

参考資料:https://www.nttdata-bizsys.co.jp/product/biz/scaw/

TONOPS

東レエンジニアリング株式会社が開発したTONOPSは、製造業やプラント設備工場、自動車工場向けの製品です。各業種や業界ごとに最適のプラットフォームを提供しており顧客に合わせた設計が可能です。TONOPSによりデータ分析技術やIoT化で生産効率を上がげることができます。より詳細な情報はこちらからご覧ください。

参考資料:https://evort.jp/store/toray-eng/product/tonps

垂直多関節6軸ロボット YA-RJ

ヤマハ発電機株式会社が開発した垂直多関節6軸ロボット YA-RJは、ロボット部分のアーム軽量化により高速でACサーボモーターを駆動させることができます。部品の供給や組み立て、検査、箱詰めなど様々な用途において回転率を上げ、生産性を向上することができます。より詳細な情報はこちらからご覧ください。

参考資料:https://www.yamaha-motor.co.jp/robot/lineup/ya/ya-6/

まとめ

今回は、製造業DXを推進する品質管理ツールの事例を紹介しました。各企業ごとに強みや特色がありますが、DXを推進することでオペレーションミスや人材不足を解消することができます。また、品質も一定に保つことができるので顧客からのクレーム数も減少します。この機会に、DXの導入を検討するのはいかがでしょうか。

 

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.