製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

近年、製造業においてDXを推進していくことは重要な課題となっています。そのような中で、企業がDXを上手く活用していく際の大きなポイントとして挙げられるのが「データマネジメント」です。

データマネジメントに関してしっかりと理解することで、製造業DXをより効果的に進めていくことが可能になります。この記事では、データマネジメントを使いこなし、製造業DXに取り組んでいく為のポイントを解説します。

製造業のDXには欠かせないデータマネジメントとは

SEIZONEバナー1
データマネジメントとは、広義ではデータを管理することを意味します。 しかし、近年ビジネス用語として使われる場合には、以下のような意味を含んでいます。

  • データの収集、および管理
  • データの活用方法を定めること
  • データの質を向上させていくこと
  • 集めたデータを活用し、価値を生み出す仕組みを作ること
  • データを保護すること

これらのようにデータを扱う幅広い領域に関しての業務を「データマネジメント」と呼びます。データマネジメントによって実現できる事として、「見える化」や「在庫管理の最適化」などがあります。

データマネジメントの現状と課題

製造業DXの課題

データの管理と聞くと簡単なことに聞こえますが、データマネジメントを有効な形で運用できている企業は多くありません。その原因を以下で解説していきます。

  1. データマネジメントの目的をしっかりと把握できていない

データマネジメントを適切に利用する為には、それによる企業へのメリットを理解しておく必要があります。

水準に差はありますが、データの管理自体はどの企業でも実施していることで、最低限の必要業務と捉えていることが少なくありません。そのため、「データマネジメントがもたらす企業へのメリット」を理解し、説明することが難しいという事があります。この点を理解していないことによって、以下のようなことが起こります。

  • データマネジメントを推進したいが、理由の説明ができず上司を動かせない。
  • データはある程度そろっているが、目的の理解が浅く、データ活用が中途半端になっている。

これらが原因でデータマネジメントの活用が進まない企業は非常に多いです。今一度、データマネジメントの目的を意識してみることが必要です。

  1. データの収集および整理が適切でない

企業としてデータマネジメントを進めていたとしても、上手く活用できずにDXへの取り組みにつながらないケースが多いです。製造業DXの推進はデータマネジメントを上手く使いこなすことが必須なのです。

データマネジメントを行うにあたって、データの収集・整理は最初に行う事です。しかし、「データの量だけに注目していないか」、「本当に必要なデータがそろっているか」ということを意識していなければなりません。

データの量は多い方が良いというのは半分正解で半分間違いです。間違いの要素としては不必要なデータの存在です。データマネジメントを行うにあたっては、企業にそれなりの負担が発生します。そのためデータが多すぎる場合には、その処理で手がいっぱいになり、データ運用に支障をきたします。

データを集める際には、「必要なデータ」を多く集めるという事を意識しましょう。 そして、データマネジメントの初期段階では、データの量ではなく、「データの質」と「データの運用方法」に重点を置き、小規模な運用から成功例を増やしていくことが重要です。

  1. データマネジメントが企業内で浸透していない

データマネジメントは、小規模であっても上手く運用することで、業務の効率化や社内でのスムーズな情報共有などにつながります。しかし、企業の中でデータマネジメントの活動が浸透していない場合には、運用の規模拡大が出来ないことや、データのアップデートが行われずに活動が止まることなどが起こります。

データマネジメントとその先にある製造業DXの推進には、組織全体での改革が必要なのです。そのためには、企業の経営陣がデータマネジメントに理解を示し、組織の根幹の業務として根付かせていくことが重要です。

データマネジメントの効果と製造業DXの推進

データマネジメントを行うことで、企業にはどのようなメリットがあるのでしょうか。まず、見える化です。データマネジメントによって様々なデータの「見える化」が進みます。これにより社内での情報共有が格段にスムーズになります。特に製造業では、納期、工期、在庫状況、顧客からのフィードバック情報など、上流から下流までの間で共有すべき情報が多いです。この情報の伝達がスムーズになることによって、業務の効率化につながります。

さらに、データマネジメントの先には製造業DXの推進があります。DXによって製造業の働き方や、企業の運用を大きく変革していくには、常に新しい情報を取り入れて処理していく必要があります。そのためにデータマネジメントを最適化することは非常に重要な事です。逆にデータマネジメント力が不足している場合にはDXは機能しないと言えます。

DXへの取り組みではデータの活用が必要なことは言うまでありません。すなわち、データマネジメントを上手く活用することが直接的に製造業DXへの取り組みに繋がっていくと言っても過言ではないのです。

製造業DXに関しては別の記事で詳しく説明しています。

製造業DXとは?わかりやすく解説

データマネジメントと製造業DXの進め方

製造業DXのデータ活用をする社員

企業がデータマネジメントを行っていく際にはどのような手順を踏んでいけばよいのでしょうか。以下の3点を意識することで、データマネジメントの質は大きく変わってきます。ぜひとも効率の良いデータマネジメントのために、一度立ち止まって検討してみてください。

  1. データをデジタル化する

データマネジメントを本格的に推進していくには、データのデジタル化が必須になります。これまでは書類などでデータを保管していたというケースも多いかと思います。

しかし、書類ベースのデータ保管では、瞬時に必要なデータを引き出すことが難しく、誰もが簡単にデータを見ることが出来ません。データマネジメントを効率的に行う為には、まずデジタル化を行いましょう。

  1. データマネジメントの目的を理解する

目的を考えずに、ただデータの管理をするだけでは、本当の意味でデータマネジメントを推進することにはなりません。最終的にその企業が目指す方向が定まっていない状態でのデータ管理では、その先にある製造業DXには決してつながらないのです。

目的として例えば「データを解析し、新規の顧客を発掘すること」や「蓄積されたデータから業務の改善点を明らかにし、効率化を図る」などがあると思われます。このような目的を意識することで、重点的に集めるべきデータやその管理方法などを最適化することが出来ます。

  1. はじめは小規模な活用から進める

データをデジタル化して管理していくことは非常に便利です。そのため、大量のデータの「収集・蓄積」に重きを置きすぎてしまい、「データの活用」を疎かにしてしまうという事がしばしばあります。目的は、データを活用しないことには達成できません。

まずは以下の2点を意識してデータマネジメントを始めましょう。

  • 使えるデータ集めること
  • データを使える形にすること

これらのことを意識し、小規模な運用から行っていきましょう。そしてその成功例をもとにデータの運用を拡大していきます。注意点として使えないデータが多いことは時には足かせになることもあるということも念頭に置きましょう。

製造業のDXには欠かせないデータマネジメントのまとめ

製造業においては、工程間での情報伝達の重要性から、データマネジメントがいかに大事か理解いただけたかと思います。データマネジメントのポイントは「データマネジメントの目的の理解」「データの活用」です。集めたデータを有効に利用していくことを意識しましょう。

今後、製造業が成長していくにはDXへの取り組みが必須になってきます。製造業DXはデータマネジメントの延長線上にあるという事を念頭に置き、小規模な運用からデータの活用を推進していきましょう。
seizone-article3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.