製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

日本の製造業は「ものづくり大国」と呼ばれ世界トップクラスの製造技術を持っていました。しかし、世界がIT化を進めていく中で日本の製造業は遅れをとっていると言われています。古くからの風潮が時代には合っておらず、悪影響を与えています。この状況から「製造業DX(デジタルトランスフォーメーション)」の取り組みを進める企業が増えてきており、少しずつIT化を浸透させ、最先端の技術を取り込む流れになってきています。更に今では、新型コロナウイルスの蔓延によって、多くの企業で経営が悪化しており、製造業も同じく厳しい状況が続いています。

どのような影響があるか

多くの企業で進められている製造業DXが新型コロナウイルスによって、どのような影響を与えているか解説していきます。

生産ラインの確立

ひとたび新型コロナウイルスに感染した作業者がいると部署全体、もしくは企業全体が停止します。これは経営に大きなダメージを与え、最悪閉鎖する場合もあります。問題なのは、生産を行う過程で多くの作業者が関わっている事が挙げられます。作業者が休むとどうしても生産できないので止めざるをえないのです。

しかし、製造業DXではAIを利用した自動生産ラインが確立されます。つまり、作業者がいなくても生産を機械が代わりに行ってくれるのです。どうしても必要な人材は極力抑えて生産できるため、新型コロナウイルスに限らずインフルエンザなどで多くの作業者が休んでも対応可能となります。

人件費の削減

通常通りの生産過程であれば、充分作業者に給料を払う事ができますが、新型コロナウイルスなどの影響で工場の停止などを伴った場合、必要経費を賄う事も難しくなっていきます。そのため、最低限必要な人材だけを確保し、ある程度の人材を切っていかなければいけなくなります。その場合、更に少ない人数で生産を行う事となり、結果残業時間が大幅に超えたり作業者自身の負担も大きくなるので悪循環になります。

この面でも、AIを活用する事によって、人件費を削る事が可能となっていきます。AIは残業代など必要ないので、導入にかかる経費だけで充分となります。

流通面の問題

運搬業の作業者が新型コロナウイルスに感染した場合、変わりのドライバーなどで対応すると思いますが、ただでさえ人手不足な運送業者にとっては大きな損害となるでしょう。今はまだ開発段階ですが、近い将来ドローンを使用し配達業務を全てIT化する事ができる様になっていけば、そのような問題も解決できます。現在試験段階で進められていますが、近い将来現実になっているかもしれません。

これらの点により、製造業DXでの取り組みは今まで以上に注目を集めています。しかし、それでも導入を躊躇している企業も多くあるのが現状です。それらの企業にはどのような問題があるのか、見ていきましょう。

ITに特化した人材がいない

製造業DXでの取り組みに欠かせないのが、IT人材の存在です。このIT人材が一般的には不足していると言われています。自社で育てた人材も他に条件が良い所があれば流れていくでしょう。せっかく育った人材を失う事は企業にとっては大きな損失といえます。

そのような事にならないよう、自社の魅力を高めていく事も大事です。今いる人材以外にも魅力を感じ新たな人材確保にもつながっていきます。

どうしても人の手じゃないと出来ない作業がある

伝統工芸など熟練の作業者が行うような繊細な作業は、まだ人の手で行う事が当たり前になっています。その場合においても、新型コロナウイルスなどの影響で作業者が休んだ場合、対応が難しくなってきます。AIをはじめ、IT業界は日々進化していています。時代の波に乗り遅れないためにも早急に対策を考えていく必要があります。

考え方が古い

特に昔からの名残を大事にする企業は、未だに古い風潮で作業をするのが当たり前になっています。今回の新型コロナウイルスの影響で、少しながら考えが変わってくれれば良いですが、結局何となく乗り切ったら現状は変わらないでしょう。経営陣をはじめ、今のやり方では乗り遅れると考え、新しい事にチャレンジする精神こそが今後の生き残りに関わってきます。

今後の製造業DXはどのように進むべきか

考える男性

製造業DXは人件費や作業効率化などどちらかというと「守り」に特化した取り組みといえます。とりあえず作業効率を高めるために、デジタル技術を導入したとりあえず最新のIT、AI技術を取り込んだ取り組みを行うことで、現状抱えている問題に対しては解決できると思いますが、それだけではいけません。常に時代の進歩と共に新しいことにチャレンジする心構えが必要です。

最終的にほとんどの企業で製造業DXの取り組みを行ってきた場合、他と差別化を図らないと競争には勝てません。つまり、「攻め」の製造業DXが今後は必要となっていきます。どのような事に取り組んでいけば良いか紹介します。

細かい情報収集を行う

時代の変化と共に、変わりゆく情報を常に収集する事が大切です。これはいつの時代も同じですが、いつもと同じ作業、いつもと同じ製品ばかり作っていてはいつか取り残されていきます。例えば、今は多くの人はスマートフォンを利用していますが、一昔前まではガラケーだったと思います。スマートフォン向けのアイテムは今後も売れると思いますが、ガラケー向けのアイテムは売れません。

新型コロナウイルスの蔓延によって、今まで普通に利用していたものの頻度が少なくなり、新しいものを求めている顧客のニーズに応えていく必要があります。そのために、新しい情報を収集し時代に合わせた製品作りを目指していく事が生き残りには重要といえます。

企業全体で改革

製造業DXへの普及は10年前後の見通しで実現していく予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により2~3年に短縮されると言われています。これは、企業全体の改革を即急に進めていかなければいけない事を表しており、今後更に起こる環境の変化にも対応しなければいけません。特に重要視される部分として、危機感を感知する能力と今の資産再構築が挙げられます。今回の新型コロナウイルスの蔓延以外にも、今後様々な問題が起きてくるでしょう。その時に状況を見て判断するのではなく、データを分析し状況に応じて対応する事が求められます。

そのためのIT化といっても過言ではありません。膨大なデータから読み解くのは難しいと感じるかもしれませんが、今度はAIによって最適な対応を検討する事により、大きな損害を未然に防ぐこととなります。資産の再構築とは、製造業では主に製品を作る技術に注目されますが、今後はそれ以外にも、資産価値を見出していく必要が出てきます。営業担当者が運転中に困っている人を助けた時に、それをたまたま見ていた取引先はどう思うでしょうか。このような目には見えない価値を高める事で信頼性の向上につながります。いつもと少し違う事をするだけで相手の印象は変わります。いつも同じ製品を作るのではなく、時代に合わせた製品改良をする事も再構築として大きな成果を挙げるでしょう。

まとめ

新型コロナウイルスの影響は全世界規模で大きな混乱を招いています。その中で、製造業として生き残るためには、製造業DXの取り組みは欠かせないといえます。逆に今の状況は現状の在り方を変える良いチャンスだと思いますので、今後日本の製造業の更なる改革を期待していきましょう。

SEIZONEバナー3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.