製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

近年、多くの企業でクラウドを活用し業務の効率化を図る動きが活発になっています。製造業においてもクラウドを導入し、業務の改善を行う場面が増えてきました。本記事では、製造業におけるクラウド活用に関してメリットや課題について詳しく解説していきます。

製造業のクラウド活用とは?

クラウド

そもそも製造業におけるクラウド活用とは、インターネットを介して必要な情報や作業を行っていくことを指します。近年ではIoTやAIの進歩によって、非常に高度なことをクラウド活用で行えるようになり、ひと昔前のようにただデータを保管するような活用ではなくなってきました。

技術の移り変わりも激しい現代において、多くの企業で扱うデータの量が増える傾向にあり、クラウドを上手く活用していくことは急務であると言えます。これまでは業務効率化や人件費の削減というような意味合いが多かったのですが、今後はクラウド活用なしでは戦えない時代に変わっていきます。

クラウド活用とは、クラウドを用いることによってデータの扱いや共有方法を見直し、仕事の効率化や業務環境の変革を起こしていくことです。クラウド活用は、製造業DXへの取り組みのなかでも最も基礎的な事でもあります。

製造業におけるクラウド活用の現状

製造業のアナログな現状

多くの企業においてクラウド活用の推進は非常に重要な課題となっており、製造業でもその必要性に関しましては言うまでもありません。しかし現状としてクラウド活用がデータの電子化や事務作業でのデータ処理での活用のような小規模で効果の薄いものに留まっているケースが非常に多いです。クラウドに多くの投資をしているにもかかわらず、大量のデータの保管業務のみにしか活用できていないのであれば、それはリソースの無駄遣いと言わざるを得ません。

IoTの拡大やAIの進歩でクラウド活用の幅自体は広がっているにもかかわらず、とくに製造業においてはこれまでの習慣や風習から脱却することができずにいるケースが多く見られます。

現在ではすでに企業内のみならず、企業間でのクラウド活用も行われるようになってきています。そのような中で、クラウド活用が十分にできない企業は市場において不利に陥るケースも今後顕著にみられるかもしれません。より積極的にクラウド活用を推進していく姿勢が、製造業にも求められているのです。

製造業のクラウド活用のメリットは?

メリット

それでは製造業におけるクラウド活用のメリットについて解説していきます。基本的なことから応用的な事まで紹介していきます。

ペーパーレス化の実現

クラウド活用によってデータの保存方法が変わります。企業が持つ資料や図面などの書類を電子化しクラウドにて保管を行うことで、ペーパーレス化を実現できます。ペーパーレス化によって、紙資源やプリンターなどのコストを抑え、さらに物理的な管理の手間を無くすことができます。また、電子データの場合には紙媒体に比べて圧倒的に書類の検索能力が向上し、結果的に業務効率化や省人化につながります。

大量のデータ管理が容易になり「見える化」

ペーパーレス化に加え、クラウド活用で大量のデータの扱いが容易になります。データの扱いが変わることで、「だれでも・いつでも・どこでも」知りたい情報をクラウド上から得ることが出来るようになり、このことが「見える化」につながります。情報共有をスムーズに行うことは、製造業において生産性や作業効率の向上に直結し、さらに企業の風通しの良さにも関係します。

データの受け渡しが簡単

SEIZONEバナー2
クラウドの活用によって個人間や個人から不特定多数への情報の受け渡しが容易になります。企業では通常データの送受信にはメールを用いることが多いですが、メールチェックなども業務の大きな負担になることがあります。そこでクラウドを活用したデータの受け渡しを企業としてシステム化すれば、情報送受信の手間を減らすことができ、さらにメールの返事などに関しての時間を気にする必要もなくなります。クラウドでのデータの受け渡しは、特にデータの送受信が多いほど業務ほど効果が大きいと言えます。

場所を選ばず仕事ができる

データが電子化されクラウド上に保管されていることで、場所を選ばずどこでも書類へのアクセスが可能です。倉庫などを中心に紙媒体で書類の管理を行っている場合には、アクセスできる場所や人数には大きな制限がありますが、クラウド上の電子データであれば、何人でも同時にアクセスできます。さらに昨今ではテレワークやワーケーションなどの慣習も出てきたため、社内に居らずとも必要なデータにアクセスする環境の整備が重要で、その実現が可能なのです。

データのバックアップが簡単にとれる

データのバックアップが容易であることもクラウド活用の利点の1つです。電子データに対してネガティブなイメージをもつ方も多いですが、現在ではクラウド上でバックアップをとったデータが消えてしまうというケースはほとんど無いと言えます。逆に、万が一の災害時などに物理的なダメージを受けることがなく、その他引っ越しや管理場所移動の際にも手間がいらないというメリットがあります。

クラウド活用の課題点と解決方法

ポイント

非常にメリットの多いクラウド活用ですが、導入の進まないケースもしばしばあります。その際に課題となりやすいポイントを以下にまとめてみました。

古い慣習

クラウド活用でまず障壁となりやすいのが、特にベテランがもつ古い慣習です。クラウド活用の環境を整備出来ていても、活用する社員が少なければ意味を持ちません。日本の企業はハンコ社会だとよく揶揄されますが、それと同様の状況がデータ管理の場面でも起こりうるのです。

解決のためには、企業全体の意識改善が必要です。若手や新入社員などはクラウド活用にアレルギーは無いことが多いですが、仕事を教えていく立場の人間が古い慣習を押し付けては意味がありません。企業で上に立つ人間が主体性をもってクラウド活用を推進していくことが重要です。

人材の不足

これからクラウド活用の導入を進めていくという場合には、推進していく人材が必要です。しかし実情としては、すでに既存の業務を抱える従業員がそれを行うことは、時間的・業務量的な観点で厳しいです。使い始めてしまえば便利なツールですが、導入にたどり着けなければ元も子もないです。

解決のためには、クラウド導入の初期段階にはプロジェクトチームを結成する事、そしてIT人材を外から採用したり講師として招くことなどが効果的です。クラウドの導入自体にはハード的な準備はほぼ不要な為、コストや時間はかかりません。そのため企業の中でクラウド活用を普及していくための活動に投資することがポイントです。

ネットワーク環境が必要

クラウド活用ではネットワーク環境が必要で、それは出来れば無線環境であると好ましいです。クラウド活用にネットワーク環境が必要である事自体は明白な事なのですが、社員全体で積極的に環境を利用していく為には安定した無線環境が必要といえます。また、社外でクラウドを利用する場合も当然インターネット接続が必要となります。

解決のためには、いまが有線環境の場合には無線の環境を整えていくことや、外出時用のポケットWi-Fiの準備などをすることです。とは言っても、これからは社内の無線環境は必需設備と言えますので、この問題がある場合には解決は急務といえます。

まとめ ~製造業におけるクラウド活用について~

製造業においてクラウド活用をするメリットは非常に多いです。まだクラウドの導入が進んでいない企業は、本記事で述べた課題をクリアできているかを確認しつつ導入を進めていってください。今後、クラウド活用はほとんどの企業にとって必須のものとなってきます。社内のデータをクラウドで扱う時代から、企業間のやりとりをクラウドを介して行う時代が近いと思われますので、積極的にクラウド活用を進めましょう。
seizone-article3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.