製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

製造業で活用出来る新しい産業用ロボットなどを紹介する場合、展示会などを通じて紹介や広報活動すると思いますが、その展示会での出店費用が高いと言われています。

今回は展示会に出展する時の大まかな費用や、今少しずつ認知されつつあるオンライン展示会について解説していきます。

展示会出展に掛かる費用

費用

ここでは、展示会の出店に掛かる費用を見ていきましょう。

出店費用

日本で開催される展示会は、RX Japa株式会社が主催する展示会と、その他の企業や団体が主催する展示会に分かれます。

各出展料については、小間と呼ばれる出展スペースに応じて金額が変わります。

RX Japan株式会社(旧社名:リードエグジビションジャパン株式会社) 3m×3m(0.5小間) 約45万円 その他の企業や団体が主催する展示会 33m×3m(1小間) 20〜30万円 引用:展示会出展にかかる費用はどのくらい?出展料・ブース装飾費用の相場とコスト調整法を解説!|展示会・イベントのお役立ち情報

値段だけの比較ですと、どうしてもRX Japan株式会社はその他の展示会に比べて出展料は高い傾向にあります。しかし、このような展示会において圧倒的に集客力が高いので値段以上の価値があるでしょう。

展示する商品にもよりますが、製造業で扱う設備やロボットの場合、かなりの面積が必要となります。

初出展の場合、最低でも1小間(3mx6m)程度は必要でしょう。その場合、出展料だけで約90万円近く掛かります。どの程度の商品を展示するか事前に決めて小間数を決めなければいけません。

設備設置費用

次に床面、壁面工事や電気工事費用などのブース施工費用が掛かります。こちらは出展費用に含まれている場合もあるので、事前に確認しましょう。

こちらの施行費用は規模に応じて節約する事が可能ですが、他と差別化を図るのであれば費用を出し惜しみしない方が得策と言えます。

実際に掛かる費用は出展料と同等かそれ以上掛かる場合もあります。

出展の装飾費用

ただ出展料を払って商品並べるだけでは意味がないので、装飾にも力を入れておく事が集客において大切です。

装飾に関してはブース装飾業者に依頼する場合や、自社で装飾品を用意して装飾する場合など様々ですが、概ね出展料と同額程度必要と考えておくといいでしょう。

大型ディスプレイで表示したり、照明を増やして遠くから見ても分かるくらい目立つなど、この装飾に掛かる費用は節約しない方がいいです。レンタル品など利用すれば費用はある程度抑える事が出来ます。

集客の為の費用

SEIZONEバナー2
今はSNSなどを利用して情報発信が出来ますが、全てを把握する事は困難です。特に大切なお客様には案内状を別途作成し、郵送する事であらかじめ展示会の開催を知らせる事が出来ます。

当日の時間やどのような商品を展示するか事前に分かると商品に興味を持って貰えて更なる集客に繋がるでしょう。

諸費用

他には

  • 商品の運搬費用
  • 当日のスタッフの人件費(専用ユニフォーム、昼食、交通費)
  • 配布用のパンフレットやノベルティ作成

これらの費用が掛かります。

大規模なイベントの場合、コンパニオンなどを雇う事がありますが、こちらの費用はかなり高額になる場合があります。

進行を進めるのを自社の社員に任せても問題ありませんが、やはり有名なMCなどを雇う事でそれだけで集客に繋がります。

総額の費用

一例ですが、1小間(3mx6m)の利用で、全ての費用を計算すると概ね2~300万円になります。

この金額が安いと思うか高いと思うか、意見が分かれると思いますが、一般的な意見ですと費用が高いイメージがあると思います。

次は費用の抑え方について解説していきます。

費用を抑える為に

経費削減

高額な出展費用を抑える方法は様々あります。参考にして下さい。

数回利用する事で費用を抑える

装飾業者によりますが、自社で倉庫など持っている場合、そちらに在庫として機材を置いておく事で複数回展示会に出展する際に装飾費用を抑える事が出来ます。

全ての装飾業者に対応している訳ではないので、利用する際に確認しましょう。

代行業者に一任する

出展に関する業務を全て業者に委託する方法もあります。こちらは費用が余計に掛かりますが、自社の社員を展示会に出張させなくても良いので、本来の業務に集中して貰う事が出来ます。

結果的に業務に空白期間が出来ないので、メリットも大きいです。

当日はトラブル対応などに追われて、バタバタする事も多いですが、イベントの進行などに慣れているプロに任せる事でスムーズにイベントを成功させる事に繋がります。

時代はオンライン展示会に移行しつつある

オンライン展示会

新型コロナウイルスの蔓延により、リモート会議やオンラインでの在宅ワークが主流になりつつあります。

展示会など開催して商品を紹介したい企業も多いと思いますが、コロナウイルス感染に気を遣い3密を避けての開催などを行うと、思ったより集客が出来ない可能性があります。

その場合、高額の費用を掛けて展示したにも関わらず、割に合わない為、正直無駄に感じる事もあるでしょう。

そこで、今は**「オンライン展示会」**という、ネット上で展示会を開催する試みが浸透してます。

どのようなメリットがあるか

メリット

このオンライン展示会はどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

遠方に住んでいる方も参加出来る

従来の展示会は近くに住んでいる方は特に問題ないかもしれませんが、遠方に住んでいる方はその都度、交通費や出張費が掛かっていました。

こちらのオンライン展示会はいつでもどこでも参加する事が出来るので、今まで興味があっても中々行く事が出来なかった企業も参加する事が出来るようになります。更には外国の同業者も参加する事が出来るので、更なるグローバル化に拍車が掛かります。

参加人数を制限する必要もないので、一度の展示会で多くの人を招く事が可能です。

展示会での展示より費用が抑えられる

装飾費は別途必要ですが、オンライン展示会では大幅に出展料を抑える事が出来ます。その他、運搬費やパンフレット作成などの費用を減らして手間も減らします。

開催する頻度を上げても、費用は抑えられるので、更に新しい顧客との関わりを増やす事に繋がります。結果的に従来の展示会と比較しても多くの人に見て貰えます。

オンライン展示会の進め方

オンライン展示会の進め方

オンライン展示会を開催する方法は大きく分けて

  • プラットフォームを利用
  • 自社で全て制作

この2つになります。

プラットフォームとはオンライン展示会を開催するための機能が揃っているシステムの事を指します。

一通りの機能を備えているので比較的すぐに展示会を進める事が出来ますが、利用するプラットフォームによってはかなり金額が掛かるものがあります。

事前に調べてそれぞれの機能をしっかり把握して利用しましょう。

一例ですが、紹介します。

  • EventHub
  • meet×meet
  • DMMオンライン展示

次に自社で全て取り組む場合ですが、フォーマットなどがない為、全て1から準備しなければいけません。しかし、自由にデザインなど整える事が出来るので、イメージに合った展示会を開催する事が出来ます。

費用は抑える事が出来ますが、どうしても集客力が弱いので、比較的大きな企業が予算に余裕がある場合に検討する場合が多いでしょう。

まとめ

このようにまだ一般的ではないオンライン展示会ですが、今後広がりを見せていくでしょう。他社より早く取り入れる事で差を付ける事が出来て予算も抑える事が出来るので、是非検討してみてはいかがでしょうか。

seizone-article3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.