製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

製造業の現場の多くは、伝票などの入力作業を手作業で行っている場合がほとんどだと思いますが、どうしても効率が悪く、作業者の負担になっています。そこで、OCRを活用した文字データ認識を使用し少しでも業務の効率化を図っているケースがあります。しかし、このOCRは認識力に限度があり、データ入力などはどうしても人の手で行う必要があるので、結局業務の負担になっているのが現状だと思います。

今、このOCRとAI機能を兼ね備えたAI-OCRを導入する企業が増えてきています。このAI-OCRを活用する事で大幅な業務効率化につながっています。今回はそもそもOCRとは何か。AIを活用したOCRとの違いや導入にあたっての注意点など解説していきます。

OCRとは

SEIZONEバナー1
OCRとは、「Optical Character Recognition/Reader(光学文字認識)」の略称です。通常、書面などをパソコンのスキャナで読み取っても、画像データとして保存されるだけで、コンピュータ自身はそこに何が書いてあるか分かりません。このOCRを利用する事でそのような画像データから、文字のテキストデータを抽出することができるようになります。しかし、このOCRはあらかじめ決められたデータを元に認識を行うので、その決められたデータ以上の事はできません。

便利そうに感じる反面

  • 読み取り文字に限りがある
  • 手書きの文章は読み取れない
  • 画質が悪いと読み取れない
  • 決められた書面以外では対応できない

など、問題点も多く肝心の入力作業は減っても確認作業が余計に増えて結局作業者の負担になっています。

AI-OCRとは

そこでこのOCRとAIを融合したAI-OCRではAIの学習能力を兼ね備えたOCRの活用となります。 データを読み込む過程は同じですが、通常のOCRとは何が違うのか紹介します。

認識力の向上

従来のOCRは決められたデータで決められた文字しか認識できなかったのに対し、AI-OCRはAI自身にデータを学習させます。それにより多くの文字データを認識できるようになります。人間でも間違える事が多い漢字やひらがな、数字など前後の文章の規則性など認識して正しい文章を導きます。場合によっては人間が見るより正確な文字データを抽出するかもしれません。

手書き文章にも強い

手書きの文章は人によって癖も違えば、筆跡も異なります。しかし、このAI-OCRでは多くの筆跡を学習する事ができるので、手書きの文章に対しても精度が高い認識力を持っています。手書き読み取りに対応した認識エンジンを搭載する事で、更に高い読み込み精度を得る事ができます。

あらゆる帳票に対応可能

OCRは帳票ごとにどの文字を読み取るのか事前に設定する必要があり、帳票が増える度、設定する必要があるので非常に手間が掛かります。更に、フォーマットが異なる「非定型」の帳票もあり、こちらもその都度設定しなければいけないので、結局手作業となります。このAI-OCRでは、ある程度の設定は必要ですが、テンプレート化されている場合が多く、非定型の帳票に関しても何の帳票か指定する事で、自動で読み取る事が可能となります。

AI-OCRを導入するメリット

このAI-OCRを導入するとどのようなメリットがあるのか、紹介します。

作業の負担軽減

今までは手作業で行ってきた作業をこのAI-OCRを使用する事で、一括してデータ化する事ができます。OCRでは難しいとされてきたこともAIを組み合わせる事で解消され、より一層業務の効率化につながっていきます。

確認作業の軽減

OCRでは認識が違うたびに確認作業が必須でしたが、AI-OCRはその高い認識能力のおかげでほぼ間違いが発生しません。いつも行っている確認作業をなくすことができれば、作業者の負担軽減に大きく貢献していきます。

RPAとの組み合わせで更に効率アップが見込める

RPA(Robotic Process Automation)とはロボットによる自動化を指し、データの読み取りはAI-OCRが行い、その後のデータ入力などの作業をRPAが行う事で業務を一括して自動化する事ができます。今まで苦労して行ってきた業務をAIに任せる事で作業者の負担は大きく減少し、また間違いもほぼ発生しない高精度なデータ処理が可能となります。

AI-OCRの種類

AI-OCRの開発企業、製品ごとでそれぞれ特徴が異なります。自社に合わせたAI-OCRを使用する事で更なる効率化を期待する事ができます。

RICOH Cloud OCR for 請求書/納品書

主に請求書や納品書などの異なる帳票でも、自動で認識し読み取る事ができます。種類が多い請求書など扱う場合にはオススメです。

※料金、月額15,000円から、初期費用は要問い合わせ

AIスキャンロボ

印字の読み込みに強いAI-OCRですが、こちらの「AIスキャンロボ」は特に活字帳票全般に適しています。

※料金、要問い合わせ

AI-OCRらくスルー

手書きの文章を読み取る際に特にオススメなのがこの「AI-OCRらくスルー」です。 ディープラーニングを活用したAIにより、文章を瞬時に解析しその精度は約90といわれています。 日本語だけではなく、外国語や業界に特化した言語など学習させていけば更に精度を高めていく事ができます。

※料金、月額30,000円から

DX Suite

印字と手書きが混在する文書の読み取りにオススメなのがこの「DX Suite」です。 印字と手書き文章両方読み取る機能をはじめ、手書きに特化したOCR、写真で撮った帳票まで認識する事が可能です。

※料金、月額30,000円から

AnyForm OCR

AI-OCRでの高い読み取り精度を使用するには、それなりの費用が掛かってきますが、こちらの「AnyForm OCR」ではAIの読み取り項目を制限する事でコストを減らす事ができます。

※料金、要問い合わせ

eas

AI-OCRではどうしても読み取る事ができない文字に対して、その都度手動での修正に切り替える事ができるので、文章の文字精度に関わらず文字データにする事が可能です。

※料金、月額50,000円から

AI-OCR導入の押さえるポイント

帳票

基本的に導入する場合、自社の目的に合わせて導入すると思いますが、重要視するポイントをまとめてみました。参考にしてみて下さい。

目的の帳票に合っているか

普段使用している帳票がメインで使用する場合は問題ありませんが、イレギュラーな帳票が多い場合、それらの帳票の認識に合わせたサービスを利用する事をオススメします。サービスの中には表形式の帳票を事前設定なしで読み取れるものもありますので、自社の取扱い帳票を一度見定めてから導入の検討をしてみて下さい。

仕分け機能を活用したい

帳票の数が増えるとそれだけデータが膨大になります。それらのデータをまとめる場合、どうしても人の手で作業しなくてはいけないですが、サービスによってはキーワードを選別して仕分けする機能を備えているものもあります。仕分け方法も各サービスごとで異なり、中には画像認識で仕分けするものもありますので、データの仕分けも自動化しようと考えている場合はその点も考慮してみて下さい。

コスト面について

使用する企業やサービスごとで値段が異なります。また、附属するオプションも考慮すると思ったよりコストが掛かってしまう場合があります。作業の効率化には優秀ですが、思った以上にコストが掛かってしまっては意味がないので、一度自社の帳票管理でどれくらい活用すればもっともコストを抑える事が出来るか調べておく必要があります。

導入事例

導入して成功した例を紹介します。今回は製造業ではありませんが、製造業でも活用できる部分がありますので、参考にしてみて下さい。

サービス業でのアルバイト従業員データの処理効率化

サービス業はアルバイトの入れ替わりが激しく、履歴書を見ながらその都度手動で入力しなければいけませんでした。当然ですが、普段の業務とは別に行う必要があり、ミスが多いのでダブルチェックが必須であり、負担が大きい作業でした。AI-OCRを導入する事により、履歴書をスキャンするだけで入力が可能となり、AIを活用したデータ処理も併用しデータ入力も自動化しました。これにより、アルバイトが変わる度に行っていた入力作業を省略する事ができ、大幅な業務効率化につながりました。

まとめ

今後まだOCRは進化し続けて、AIも進化し続けます。その時代に合った機能を上手く活用する事で余計な作業を自動化できるので、まだ導入をしていない企業は是非検討してみてはいかがでしょうか。

SEIZONEバナー3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.