製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

近年、少子高齢化の影響で職場での人材不足や従業員の高齢化によって技術の継承が難しくなっています。また、人材不足を解消するために外国人労働者などを雇い入れる企業も増えています。しかし、技術継承の遅れや言語の壁などから作業の効率化が図れず生産性が上がらないということが課題としてあります。

そこで近年、注目されているのがAIを活用して課題を解消する取り組みです。人材不足が問題視されている中で、AI技術は膨大なデータを記憶することができ人の目視でされていた検査等もミスなくチェックすることが出来ます。このような観点からAIを利用して人材不足を解消する企業が増えてきています。

AI導入で製造業界は何が変わるか?

SEIZONEバナー1
AIを導入することで製造業界はどのように変化していくのでしょうか。AIを導入することにより改善されることを3つ紹介します。

工場がAI活用で従業員数減

AIの導入で生産効率も上がり、人に頼らずとも作業ができる箇所が増えます。それにより、求人にかける費用もなくなり、人材不足が徐々に緩和されます。また、人は肉体的な労働をせずにAIの管理などに注力することができます。それにより、けがなどのリスクが低下します。

工程管理

QCDとは、Quality(品質)・Cost(コスト)・Delivery(納期)という製造業における重要な三本柱です。AIを導入することで、クライアントの需要を先取をおこない計算して製造を行い工場の製品在庫の情報を正確に把握することができます。在庫過多の場合や急な納期変更による工場内の工程管理などにもAIを活用することで無駄を削減できます。

設備の監視と故障予測

AIを導入することによって、故障の前の予測や定期点検の際に必要となる部品の提案などをしてくれるため、作業工数が減ります。事前に不具合を予測できるため、機械の故障等で生産が止まってしまうことも少なく、故障などに対する対策もできるので効率的に作業をおこなうことができます。

AIを活用した製造業DXのメリット・デメリット

AI

AIを活用した場合、仕事の効率化や人件費の削減以外にもメリット以外にもデメリットがあります。

AIを活用した製造業DXのメリット

  • コスト削減
  • 生産率の向上
  • 従業員不測の解消
  • 顧客満足度の向上
  • 従業員の負担の軽減

AIを導入することで、上記のようなメリットが挙げられます。検査などに必要だった人材を人材が不足している部署で活かすことができます。また、受注してから納期までの期間を最短で計算して最短納期で納品できれば顧客満足度も向上させることができます。従業員の負担も軽減され、働きやすい環境の整った職場を作り上げることもできます。

AIを活用した製造業DXのデメリット

  • 雇用の減少
  • 一時的に出費がかさむ
  • 責任追及のリスク

DXの導入により、雇用の減少が挙げられます。DXを導入する際は、一定のコストがかかるため多額のお金を動かすだけの資金がないといけません。そのためDXを導入する際は、資金力やそれに伴う経営戦略が必要になります。中小企業でも決まった部門のみに導入する所も増えてきていて、人型協同ロボットもよく活用されるようになってきています。

DXも技術が安定して需要と供給のバランスが出来てくればある程度導入する際のコストも抑えられてくるので、今の現状はデメリットとなっていますが、これから先メリットになっていく可能性が高いです。DXを活用するにあたりAIに問題が起きてしまった場合は、損害も大きくなるでしょう。従業員などの作業であれば、責任の所在が明確になっていますがAIによる責任の処遇などもあいまいになります。このような場合は、AIリスクを管理するコンサルティングなどを利用するのが最善と言えるでしょう。

AIを活用した製造業DX事例の紹介

近未来的な都市

AIを活用することで生産効率が上がったという製造業DXの事例を紹介します。

食品メーカー大手のキューピ

離乳食商品のための1日100万個以上のダイス型(角切)ポテトを制作しています。じゃがいもの性質上、品質に問題がなくても茶色く変色してしまったポテトが混在してしまいます。偏食しているだけで食べても問題はないということですが、離乳食という赤ちゃんが食べる物であることから消費者の不安を除くためにも、目視による検査員の作業がありました。

じゃがいもには品種も多く減量の検査作業の機械化が出来ない分野とされており、検査員への負担はとても大きかったようです。そこで、AIによる検査プログラムを導入したところ、最初は「不良品を見つけだす」というフローで取り組んだようですが、上手くいきませんでした。逆に「良品を見つけ出す」という風に転換したところ不良品の識別に成功したようです。人の目視では、どうしても見落としなどがあります。AIでは精密に見極めることができ検査速度も上がります。

今後は、離乳食の製造ライン以外にも同じようにジャガイモに関連しているおいてとサラダ製造工程にもAIを活用する計画を計画しているようです。

自動車大手・アウディが製造現場にAI活用

AIを活用しているのはプレス工場です。活用しているAIの種類は、機械学習で、プレス加工の際の金属板の割れ目や傷を自動認識出来ます。AIを導入するまでは、人の目視でチェックしていました。人による目視は、時間も人件費もかかってしまい効率的とは言い難く、生産率も低くなってしまい悪循環でした。AI導入により、見落としもなく人件費も抑えられ、生産性も上がったようです。近年の自動車業界では、デザイン性が高く、より複雑なデザインとなっています。検査もその分時間や手間がかかることからAI導入は必然的と言えますし、プレス以外の工程にもAIを導入予定となっています。

まとめ

AIを活用するシステムなどが近年普及しつつあります。しかし、企業が導入する際には楽をするためにDXを導入するという目線だけではなく、経営戦略を元にAIの導入やDXの推進を図るのが得策です。企業ごとの特色を生かしたDX推進をして、生産性を上げていけたらと思います。

SEIZONEバナー3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.