製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

製造業を営む上で大事な事の一つに「業務改革」があります。ほぼ全ての製造業で行われているのは業務改善ですが、こちらの業務改革は製造業において非常に大切な取り組みと言われていて、BPR(Business Process Reengineering)とも呼ばれています。

このBPRとは何か。導入したい場合、具体的に何をすればいいのか、進め方と事例など踏まえて紹介します。

BPRとは

業務改革

BPRは「Business Process Reengineering」の頭文字から取った言葉です。業務の本来の目的に向かって既存の業務プロセス全体を見直し、職務や業務フロー、組織、情報システムなどを再構築するという考え方を指します。 引用:BPR(業務改革)とは|PERSOL

業務改善は業務の作業などを改善して効率良くする事や無駄をなくす事を指しますが、こちらのBPRは業務全体の改善という事で企業全体で取り組む必要があります。

BPRの歴史

BPRの考え方は、1990年初めのアメリカの製造業などの企業の多くが長期間景気低迷に苦しんでいた時、このBPRの導入によって、アメリカの製造業の景気は立て直したと言われています。

日本ではバブル崩壊期にBPRが注目され始めました。1990年代のアメリカと同じく景気低迷に直面する多くの製造業などの企業が、景気を立て直すための手段として広まっていきました。

しかし、業務改革が原因で理不尽なリストラなど、景気回復以前に新たな問題も生まれた背景があります。

どのような効果が期待出来るのか

メリット

このBPRを行う事で製造業にとってどのような問題解決に繋がり、どのようなプラス効果が生まれるのか説明します。

人手不足解消

製造業では人手不足が大きな問題として取り上げられます。理由は様々ありますが、少子高齢化により、熟練した作業者の定年退職に反比例して新入社員が必要数入って来ない為、慢性的に人手が足りていない製造業が多いとされています。

他の要因として、製造業にのイメージとして有名な3Kがあります。製造業の3Kとは「きつい」「汚い」「危険」という意味で、普通ならそんな労働環境より良い職種を選ぶ事が当たり前の世の中において、製造業の人手不足に繋がっています。

人手不足が続くと生産ラインの確立も困難となり、企業の存続危機にもなります。この問題を解決する事は企業にとって急務と言えます。

BPRを行う過程で、まず無駄な労力を削る事で労働時間の短縮、人員コスト削減となります。残業時間が多いとされている製造業において、労働時間の短縮は労働者のストレス緩和になり、残業を理由に転職する人を繋ぎとめる事にも繋がります。

無駄な労働時間の短縮は労働環境の改善とも言えます。残業がない職場というのは非常に魅力があり、自分の時間を大切にしたい今時の若者にとっては大きなセールスポイントになります。つまり、今までは求人を出しても人が集まらなかったような企業も、求職者同士が限られた枠を争うくらいの人気企業になる可能性もあります。

コスト削減

SEIZONEバナー2
業務全体を見直した時に必ずといって良い程、無駄なものが出てきます。

古くから経営している製造業に良くある話ですが、古い考えや謎の作業を今でも続けていて、何のためにやっているか分からないような作業も多々ある状況の中、それを無駄だと証明出来る作業者もいない為、仕方なく続けている企業も多いのではないでしょうか。

企業全体で一度、全ての工程の見直しをして無駄を省いていくことで、作業効率の改善と同時に無駄な経費の削減にも繋がります。

人員不足の問題と重なる部分がありますが、作業の効率化は無駄な人員を削除する事にもなるので、人員不足の問題も解決します。

生産性、品質改善

無駄な工程を無くす事で、生産性向上にも貢献します。それ以上に大きな成果として品質改善が挙げられます。

顧客にとってより魅力的な製品の製造、サービス性向上により顧客の満足度が高まるようなサービスを提供する事が、品質の向上に繋がります。特にサービス性ついては、安心して使える事と顧客のアフターサービスを重視する事により、更に企業のブランド価値が良い上がると言えます。

品質管理の業務も従来の方法を一度抜本的に見直して、業務の無駄をなくす事で、効率化や人員不足問題解消など、ここまで紹介したものとの相乗効果が生まれてきます。

BPR導入に向けて

ポイント

BPRを導入しようと、いきなり始めるのではなくしっかり要点を押さえて、順番に進めていくことが大事です。こちらではそれぞれのポイントについて解説していきます。

目的を明確にする

自分1人で考えるのではなく、企業全体で取り組む必要があります。同じ部署で問題点を洗い出す以外に、他の部署に協力を仰ぎ客観的に問題点を指摘して貰います。そうした全体の意見を経営層はまとめていき、それぞれの責任者や役員などと協議し、最終的な目的や目標を決めていきます。

分析し問題を把握する

それぞれ洗い出した問題に対して、どのように進めていくのが良いのか分析していきます。もし中々進まないのであれば分析ツールなどの使用していきましょう。この分析も1人で抱え込まずに出来るだけ大人数で検討していきましょう。

今後の方針の検討

洗い出した問題を解決する方法を検討した上で、今後の将来像を決めておく必要があります。問題を解決した結果、どの程度業績に影響があるのか、顧客に対して満足度が得られるのかなどを考慮して今後の方針を決めていく材料にしていきます。

対策の実行

問題解決の手段を実際に実行して改善されたか確認すると共に、トップ層と作業者がBPRの必要性をしっかり理解しているか、方針が当初の検討と外れていないかを確認します。一番大切な事はトップ層と作業者がBPRの必要性や目的に対して共通の認識になる事が大事です。

効果の確認

実際に対策を行ってみて、どれくらいの成果があったを確認します。また、別の問題がないか確認します。他の問題が新たに発生した場合は再度最初の目標の選定から行います。

これらの作業の繰り返しがBPRの手順となります。一気に解消するのではなく、一つ一つ対策、検討をする事により確実に成果を上げていき景気解消に繋げていきます。

具体例の紹介

具体例

実際にBPRを実施し成功した事例を2つ紹介します。

静岡県

具体的な施策として、実際に働いている現場の職員から業務する上での問題点を洗い出して貰い、それに対して各業務の自動化を行いました。

その結果、1998〜2002年度に約5,000事業を見直し、大幅な人員コスト削減と無駄な工程を見直した事により経費圧縮に繋がりました。

日刊スポーツ新聞社

インターネットの普及に伴い、新聞の需要が落ちてきた背景も合わさり、1997年から本来の新聞業からウェブメディアを中心とする事業へ変化を遂げました。独自のコンテンツ管理システムを導入し、ネットでは適格に情報発信をしています。

スポーツに関するニュースがメインですが、情報を正しく陣族に発信することを目標とし、質を上げる事を検討して実施した結果、顧客満足度を上げることに成功しました。

まとめ

最後に紹介した事例のようにBPRの取り組みが上手くいけば経営を大きく回復させる事に繋がります。しかし、闇雲に初めてしっかり手順を踏まないと失敗する可能性もあります。
もし導入を検討されるのであれば、手順をしっかり守り確実に成果を上げていきましょう。

seizone-article3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.