製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

近年では、DXが推進されるようになり多くの企業がDX推進を進めています。その企業の中では、これからDX推進を始めていくという企業もあります。現在、開発や製品としてリリースされているDXツールは多くありますが、どのようなDXツールを使えばいいのか選択に迷ってしまいます。そのような企業のために、今回の記事では、おすすめしたい製造業DXツール10選を導入事例も踏まえて紹介します。

EISHIN

SEIZONEバナー1
株式会社EISHINは、就活支援サービス「GOOD FOR JOB」を運営している株式会社です。この会社では、情報を集めることが苦手な求職者に多くの時間と費用をかけて情報を発信しています。企業の採用活動をより本質的なものにするために、採用競争の激化を根本から分析や支援する事業を行っています。他にも新規事業の立ち上げ支援、採用デザイン制作、Web制作・Web開発などを行っています。より詳細な情報はこちらからご覧ください。

参考資料:https://ei-shin.com/

自動車産業ポータルMARKLINES

マークラインズ株式会社は、世界の自動車産業のビジネス情報を網羅しており、多くの情報を企業向けにデータベースとして提供しています。事業内容としては、自動車産業に特化したオンライン情報サービス「検索サイト」「情報プラットフォーム」、B to Bのプロモーション支援サービス「プロモーション広告Lines」、コンサルティング、人材紹介、市場予測データ販売などを中心とした課題解決サービス「エキスパート」などのサービスを中心に自動車産業ポータルを運営しています。DXの導入事例としては、コマツのAIコンストラクションがあり、「スマートコンストラクション」を拡張したことで、現場全体の可視化を実現し、接触や衝突などの事故を防いだり、また、刻一刻と変化する状況をリアルタイムに認識し、オペレーターに的確に指示を与えることができるようになった。

より詳細な情報はこちらからご覧ください。

参考資料:https://www.marklines.com/portal_top_ja.html

i-BELT

オムロン株式会社が提供する現場データサービス「i-BELT」は、生産現場にあるデータを活用し、その収集から見える化や分析、制御へのフィードバックを行うことで課題解決をしています。導入事例としては、「オムロンマイクロスキャンシステム」で、作業時間のばらつきを28%低減することができたり、「オムロン野州工場」では、ポンプの異常予測で突発故障0になったりなど、様々なところで活用されています。

より詳細な情報はこちらからご覧ください。

参考資料:https://www.fa.omron.co.jp/solution/i-belt/

CAM MACS

株式会社キャムは、「中小企業の、中小企業による、中小企業のためのERPシステム」というコンセプトの元、事業を展開している会社です。受注を一元管理したり、自動転記・計算などによって人手不足を解消するためのサービスや、自動処理による入力ミス防止等による顧客満足度上昇、作業の効率化による残業の削減などの従業員満足度の向上など、中小企業に向けたサービス内容が充実しています。また、60日間の無料期間も設けているので試してみてはいかがでしょうか。より詳細な情報はこちらからご覧ください。

参考資料:https://www.cammacs.jp/

μ3(マイクロキューブ)

株式会社MEMOテクノスは、μ3(マイクロキューブ)というIoTデバイスで様々なビジネス現場での人手不足の解消に貢献しています。事例としては、工場内の生産管理業務や物流、倉庫、物流倉庫内の監視業務、設備管理、施設内の環境調査業務などがあります。より詳細な情報はこちらからご覧ください。

参考資料:https://www.memotechnos.co.jp/products/iot

KC4-C-100A

京セラ株式会社のKC4-C-100Aは、機器をつなぐloTゲートウェイで日本全国で利用可能です。無線接続によるさまざまなデータの取得や有線接続を通して、様々なモノやセンサーのデータを集約することが可能です。工場や物流などで活用されています。

より詳細な情報はこちらからご覧ください。

参考資料:https://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/office/iot/products/kc4-c-100a.html

複合型サービスロボット「Toritoss」

株式会社全日警では、複合型サービスロボットToritossを人と一緒に働くパートナーロボットとして活用しております。「清掃・警備・案内」の機能を有しており、建物内で24時間活用することができます。清掃機能は、自立走行により床面のほこりなどを除去し、案内機能では、ディスプレイにフロアガイドなどを表示しながら移動することができ、高い情報発信力を発揮します。警備機能は経路と時間をあらかじめ設定して巡回させるほか、動く防犯カメラとしても活用することができます。より詳細な情報はこちらからご覧ください。

参考資料:https://socialsolution.omron.com/jp/ja/products_service/automation/servicerobot/sp/

AYUDA

株式会社CIJのAYUDAは、人間とロボットの共存を目指して開発されたヒューマノイドで、様々なシーンにおいて、人間の代わりに活躍してくれるサービスロボットです。ワークサポートの新戦力として人手不足の解消や高齢化社会に貢献し、人々の生活を助けます。

AYUDAは人間と同じくらいの身長160㎝で、人間に近いコミュニケーションも可能です。音声対話での受付や、道案内、顔認識による調査など、人と関わり合う様々なサービスで活躍し、DX化の進展に貢献します。公共施設や、ホテル・レストラン、監視・警備・交番、病院・介護施設などさまざまな身近な場所で活用されています。より詳細な情報はこちらからご覧ください。

参考資料:https://www.cij.co.jp/service/product/ayuda/

RASFOR

BIPROGY株式貸家のRASFORは、小売店舗向けの業務代行AIロボットです。チェック機能では、ロボットが店舗内を自律走行し、売り場をチェックするので、日々のチェック業務をAIとロボットで自動化することが可能になります。AI、ロボットが行うことで、チェック業務の品質を維持・向上させることができます。また、棚割実態把握機能など他にも様々な機能を備えています。より詳細な情報はこちらからご覧ください。

参考資料:https://pr.biprogy.com/solution/biz/robot/

クリーニングロボット「STRIVER(ストライバー)」

株式会社オカムラの「ストライバー」は、市販の業務用乾式掃除機を搭載し、自律走行して床掃除を行ってくれるロボットです。壁際まで掃除することが可能です。業務用乾式掃除機の機能で吸い込み能力を保ったままの掃除が可能です。特殊車輪での前後左右の移動や複雑な動きも可能です。より詳細な情報はこちらからご覧ください。

参考資料:https://www.okamura.co.jp/company/topics/product/2021/striver.html

まとめ

人材不足を解消するための製造業DXツールを10選を紹介しました。各企業ごとの特色を生かしたDX推進であったとわかります。様々なDXツールがありますが各企業に適した形態があるので、合ったものを考えて選択されることをおすすめします。

SEIZONEバナー3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.