製造業DX・業務改善サービス比較サイト

SEIZONE

近年では、DX化が多くの業界や業種で進んでいます。特に製造業では、複雑な業務をこなしていく必要があるため、DX化によって業務を効率的に行うことができます。しかし、世の中には多くのDXツールがあるため、これからDX化を進めていきたい企業は、どのツールを使えばいいか選択に迷ってしまうことがあると思います。

この記事では、工程管理を効率化するためのDXツールを10選、事例もまじえながらご紹介します。会社形態や業務内容によって適するサービスはそれぞれ異なります。企業の形態や業務内容と照らし合わせながら決定してください。

Proceedクラウド

SEIZONEバナー1
株式会社東京ファクトリーの「Proceedクラウド」は、これまで活用されなかった工程写真をベースにサプライチェーンを通した製造情報の見える化と製造情報データベースの構築を行うエンジニアのためのデジタルツールです。

「Proceedクラウド」の機能としては、写真整理や検索の手間を削減をおこない製造情報の共有をスムーズにすることができます。また、データベース構築による技術継承や進捗確認機能により外注先の見える化や業務の効率化などが挙げられます。より詳細な情報はこちらをご覧ください。

参考資料:https://proceed-cloud.com/

MonoRevo

ものレボ株式会社のMonoRevoでは、簡単な操作で生産工程の全てを見える化できる特徴があります。また、最短で3日で導入できます。事例としては、「石田精工株式会社」の金属加工業務にて導入されています。導入した石田精工株式会社は、

「見ればわかる」という安心感。製造進捗の見える化、定量化ができて確認する時間やストレスが大幅に減りました。

と感想を述べています。(公式サイトより引用:https://monorevo.jp/case/ishidaseiko.html

このように、実際に導入している企業からは好評のようです。

より詳細な情報はこちらをご覧ください。参考資料:https://corp.monorevo.jp/

safie

セーフィー株式会社のsafie(セーフィー)は、インターネットを介して簡単に利用することができる防犯カメラのサービスを作っている会社です。スマホやパソコンがあればいつでも確認することができます。映像活用による働く手間の削減、コミュニケーションの向上、コンテンツ配信ソリューションとして、様々な製造業の現場で活用が広がっています。防犯だけでなく、現場巡回コストの削減、販促効果の見える化、スタッフの接遇改善を実現することができます。より詳細な情報はこちらをご覧ください。

参考資料:https://safie.co.jp/

ASPACー生産管理

株式会社イースクラムの「ASPACー生産管理」は、得意先とのEDIに標準対応した中堅や中小企業向けの販売・生産統合システムです。管理のムダや在庫のムダ、コストのムダを削減し、業務の効率化を支援するサービスです。中堅・中小製造業は、厳しい経営環境に置かれています。このような環境で生き残っていくためには、企業内のさまざまな技術・ノウハウを整備・共有できる生産技術データベースの構築、得意先とのEDIや短納期要請への対応などを図っていかなければいけません。

「ASPACー生産管理」は、これらの中堅・中小製造業の経営課題を解決する「ITマネジメント化製造業への変身」を支援するサービスです。

より詳細な情報はこちらをご覧ください。

参考資料:https://www.ascot.co.jp/ascot/products/manufacture/production/

ロジメーター

SEIZONEバナー2

株式会社KURANDOは、今まで取得が困難であった物流作業現場の生産性や収支を簡単に、ムリなく、正確に、管理できる安価なツールです。全ての現場で共通指標における管理の質を上げることができます。日々の素早い振り返りによる人員計画、作業数予測はどの現場においても確実に効果を発揮します。より詳細な情報はこちらをご覧ください。

参考資料:https://info.logimeter.io/

TONOPS

東レエンジニアリングDソリューションズ株式会社のTONOPSは、プラント設備や自動化設備に精通するエンジニアリングメーカーが開発した、生産現場発のセミパッケージ方式のシステムです。企業の課題整理から解決提案やアフターフォローまで、一貫したサポートと充実したシステムで生産管理体制を効率化します。たくさんの企業への導入実績があり、ケミカル、半導体、医薬、自動車部品など様々な生産フローに対応することができます。より詳細な情報はこちらをご覧ください。

参考資料:https://www.toray-eng.co.jp/tds/product/tonops/ton_010.html

ヒトタグ

株式会社イーアールアイのInQrossガイゼンメーカーは、作業者の位置や状態を簡単にデータ収集して見える化する即時導入可能な屋内位置測位システムです。「いつ」、「どこで」、「誰が」、「何をしているのか」を見える化し、ヒトと場所についての改善活動を可能にします。ヒトタグ(移動局)は、作業者が所持します。ロケタグの電波を受信し、ロケタグから受信した受信状況をカイゼンメーカーアプリに送信します。

InQrossカイゼンメーカーの特徴として、簡単な初期導入、簡単な動作分析、簡単な可視化等があります。より詳細な情報はこちらをご覧ください。

参考資料:https://www.erii.co.jp/products/inqross/

GWー100AN

サイレックス・テクノロジー株式会社の「GWー100AN」は、LTEモデムを内蔵したアプリケーション組み込み用loTゲートウェイです。有線・無線LAN、RSー232C、USBなどで各種産業、OA機器にこの「GW-100AN」を接続することで、稼働情報の収集端末として利用できます。低コストかつ早期に導入することが可能です。

より詳細な情報はこちらをご覧ください。

参考資料:https://www.silex.jp/products/wireless_infra/gateway-accesspoint/gw100an.html

おくだけセンサー

株式会社協同インターナショナルのおくだけセンサーは、データを取得したい場所や設備にセンサーを「おくだけ」でloT化を実現することができます。センサーには5種類あり、温度センサー、湿度センサー、照度センサー、加速度センサー、磁気センサーがあります。有線の配線、外部電源も不要で、製品の到着から最短7分で「おくだけloT」を実現することができます。より詳細な情報はこちらをご覧ください。

参考資料:https://www.sun-denshi.co.jp/sc/product_service/sensor/okudake/

配送ロボット BellaBot

テクノホライゾン株式会社のBellaBotは、前世代の卓越した特性を継承しているだけではなく、人とロボット間の優れたインタラクション機能も備えています。革新的な伝達言語、AI音声機能、マルチモーダルインタラクションといった多数の機能で、サービス業務の品質向上を実現することができます。より詳細な情報はこちらをご覧ください。

参考資料:https://www.pudurobotics.com/jp/product/detail/bellabot

まとめ

製造業での工程管理を効率化するためのDXツールについて10選ご紹介しました。それぞれのサービスの詳細を把握したうえで、自分の企業形態に合っているかなどを考えて導入されることをおすすめします。

SEIZONEバナー3

  • SEIZONEマガジンについて

  • SEIZONEマガジン
  • 展示会情報
  • お客様へ

  • 掲載をご希望の方
  • 規約
  • プライバシーポリシー
SEIZONE icon by Icons8
© 2022 SEIZONE. All rights reserved.